東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

シンプルだけど旨い中華丼

 萩山駅南口の住宅街にポツンとある中華料理店「新華」。久しぶりに行ってみたのだが、メニューを見ていると、どれも気になって迷うこと、迷うこと。だってコレですよ。


【麺の部】
*ラーメン(400円)
*もやしそば(450円)
*ニラ玉そば(500円)
*ワンタン(500円)
*ねぎそば(500円)
*タンメン(500円)
*青菜ラーメン(500円)
*肉つゆそば(550円)
*レバーメン(550円)
*みそラーメン(550円)
*とりつゆそば(550円)
*ワンタンメン(600円)
*五目そば(700円)
*五目かけそば(700円)
*カニ玉そば(700円)
*チャーシューメン(700円)
*えびつゆそば(800円)

【飯の部】
*にらと玉子かけご飯(500円)
*麻婆豆腐飯(500円)
*チャーファン(550円)
*肉ともやしかけ飯(550円)
*中華飯(550円)
*ケチャップ肉飯(550円)
*レバーかけ飯(550円)
*五目中華飯(700円)
*カキ油入り肉飯(700円)
*カキ油入り鳥飯(700円)
*天津飯(700円)
*えびチャーファン(800円)
*えびと玉子かけ飯(800円)



 安いし、「肉つゆそば」とか「レバーメン」とか「ケチャップ肉飯」とか、聞いたことのないメニューもあったりして、私はもう迷いまくり。
 そんな中、メニューの中に「おや?」と思うモノを発見。それはこの2つだ。


*中華飯(550円)
*五目中華飯(700円)



「中華飯」とは「中華丼」のことだろうけど、なぜ2種類あるんだろうか? おそらく「五目中華飯」がいわゆる「中華丼」のことだと思うんだけど、だとしたら「中華飯」ってどういうモノなんだろうか?
 気になってしまった私は、確かめてみるべく「中華飯」を注文した。

中華飯

 しばらくして運ばれて来たのが、コチラ。なるほど、本来の「中華丼」に入っているニンジンやキクラゲ、タケノコなどの具材はなく、チンゲン菜と白菜、タマネギ、豚肉というシンプル具材の中華あんだ。それにスープと小鉢が付く。これで550円とは、相変わらずコストパフォーマンスがいいねぇ。

チンゲン菜がたっぷり

 味の方はというと、塩味が「しょっぱい」と思う手前まで効いていて、ご飯のおかずに最高。普通の「中華丼」のようにいろんな具材が入っていない分、1つ1つの素材の味がストレートに伝わってくる。
 この「中華飯」では特にチンゲン菜の存在感が凄い。しゃくしゃくという噛み応えが心地いいんだよね。この食感の良さもいいんだけど、味がまたいいんだよ。
 シンプル過ぎて彩り的にはちょっと寂しいけど、これは旨い中華丼だと思うなぁ。
 ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市萩山町1-39-12
電話:042-342-0334
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2012/06/08 05:52 ] 【閉店したお店】 新華(萩山町) | TB(-) | CM(2)
シンプルな中華丼ですね~
あっさり食べれそう(^^)
[ 2012/06/08 11:11 ] [ 編集 ]
とあさんへ
こんにちは。
シンプルだけど、チンゲン菜のしゃくしゃくという食感はたまんないですよ。


[ 2012/06/08 18:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR