東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

疲れた心身に染みる癒しのラーメン

 世の中、いろんなラーメンが出回っているけど、体が疲れ気味の時や、気持ちが萎え気味の時、私は昔の「中華そば」と言われていたころの醤油ラーメンを無性に食べたくなる。たぶん、ホッとしたいんだと思う。子供のころ、友達とケンカして「おかあちゃ~ん」と言いながら母親のもとにかえるような、そんな感覚で醤油ラーメンが食べたくなる。

 で、そんな時に行くお店と言えば……。

味六

 やっぱりこのお店しかないでしょう。恩多町にあるラーメン店「味六」だ。
 暖簾の「中華そば」の文字が目に入ると、走って駆け込みたい衝動にかられる。
 でもまあ、そこは子供じゃないから、ゆっくり歩いて暖簾をくぐり、カウンターに座る。頼むのはもちろん、「中華そば」(650円)だ。

中華そば

 程なくして運ばれる「中華そば」。昔、故郷の広島で食べた中華そばを思い起こさせるビジュアル。“懐かしさ”というスパイスがバッチリ効いているから、旨そうに見えて仕方がない。

この澄んだスープがたまらない

 このスープですよ! 澄んだスープ。キラキラ光りながら浮かぶ油。レンゲでひと口飲むと……はぁ~、染みるぅ。
 ふと横に自分の親父が座っていて、「旨いか?」と顔を覗き込んでくるようなシーンが頭に浮かんでくる。たまらないね。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。ズズズッとすすってはスープを飲み、またズズズッ。
 食べ終わるころには、何だか元気になり、萎えていた心も癒され、少しヤル気が出てきた。
 このお店に救われている人って、私以外にもいるんじゃないかな。年をとるごとに、ここのラーメンが美味しく感じられるんだよね。


【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2007/11/24 14:37 ] 【ラーメン】 味六(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告