東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

通うほどに楽しさが感じられるお店

 家から近いせいもあって、最近よく行っているのが久米川駅南口にある居酒屋「香り屋」
 先日なんか、15人ばかり集まっての飲み会の場所にこのお店を選んだりなんかして。
 マスターには「ある程度、最初に料理をまとまって出して欲しい」とお願いしておいた。
 すると……。

凝ったお通し

 まずはこんなステキなお通しを出してくれた。左から稚鮎の蓑揚げ、トマト、焼きそら豆のそうめん舟乗せ。
 単なる稚鮎の天ぷらにせず、周りに細長く切ったジャガイモを付けて揚げている。サクッとしたジャガイモの食感とほろ苦い稚鮎の組み合わせがいい感じ。
 焼きそら豆が乗っているそうめん舟もボリボリと食べられる。凝っているなぁ。

大皿盛りのサラダ

 先行料理として用意してくれたのは、大皿盛りのサラダと、

刺身の盛り合わせ

 刺身の盛り合わせ。あとは各自、自由にツマミを注文していった。

純米中取り、直汲みの「屋守」

 このお店では、東村山の酒造会社「豊島屋酒造」の「屋守(おくのかみ)」が飲めるのだが、最近はいろんなお酒を飲んでもらおうという方針なのか、「屋守」を置いていなかった。
 でも「地元にこんな凄いお酒がある」ということを知ってもらうために、マスターにお願いして「屋守」を仕入れてもらった。純米中取りで直汲みの「屋守」は、スルッと飲める危険な味わい。集まった人たちの間でも好評だった。
 マスターに相談すると、こういうワガママも聞いてくれるから、ますます気に入って通っちゃうんだよなぁ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 その後も結構このお店に行っている私。この間なんか、早めに仕事が終わったのでサッサと家に帰ろうと思ったら、お店の前に「午後5時~6時 飲み物すべて半額」という看板が出ていて、ついフラッと入ってしまった(笑)。

 マスターに「まさかと思うけど、日本酒も半額になるの?」と聞くと、「なります」ということだったので……。

純米吟醸の「相模灘」

 神奈川県は相模原市にある「久保田酒造」の純米吟醸「相模灘」を注文。いやあ、外がまだ明るいうちに飲む日本酒はたまんないねぇ(笑)。

お通し

 お通しは鶏肉と大根の煮物。味がシッカリ染みていて旨い。

ナスの揚げ出し

サイコロステーキ

 頼んだツマミは、マスターがオススメという、300円メニューの「ナスの揚げ出し」と「サイコロステーキ」の2品。「オススメ」と言うだけあって、どちらも旨い。「ナスの揚げ出し」に乗っている生姜が、新生姜というちょっとしたこだわりもうれしいし、そんな話を聞くのが楽しい。

 マスターと楽しく話しながら、サクッと飲み食いして、ごちそうさま。
 全部で1300円くらいかな。旨い日本酒を飲んだお陰で、いい1日の〆になったよ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-4 武田ビルB1
電話:042-393-6001
営業時間:午後6時~10時30分
定休日:日曜・祝日(予約のみ営業)
お店について詳しくはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2012/06/09 06:01 ] 【閉店したお店】 香り屋(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR