東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ネギは“別山”という気配り

「ネギラーメン」というと、ラー油を絡めたネギがラーメンの上にてんこ盛りになったモノを私は思い浮かべるのだが、世の中にはそうじゃないお店もある。
 風邪気味の私は「風邪にはネギが効く」という思い込みから「江川亭 東村山店」で、「葱麺」(750円)を注文した。麺は太麺にしてもらい、さらに「体に栄養を」と思って「味付玉子」(100円)をトッピング。
 と、ここで店員さんが思わぬことを聞いてきた。

「ネギは辛めなのと醤油味がありますが、どちらにしますか?」

 へぇ、このお店はネギの味付けを選べるんだ。普通のお店だと乗っているのは、ラー油で味付けした辛めの方だけど、今はノドが痛いから……ということで、私は醤油味を選んだ。

「トッピングの味玉はどうせネギの山に隠れてしまっているだろうから、最後のお楽しみだな」なんて思いながら待っていると……。

これが味付玉子をトッピングした「葱麺」

 エエッ、これが「葱麺」なの? ネギはお碗くらいのアルミの小さなボウルに盛られている。

ネギが乗ってないから「味付玉子麺」と同じビジュアル

 ラーメンだけを見ると……これって以前に食べた「味付玉子麺」と同じビジュアルじゃないの。

ネギは別の器に盛られている

 ネギは別盛りとはいえ、ちゃんと“山”になっている。お碗状の底の深いボウルだから、ネギの量はかなりあると見ていいだろう。それにしても何だって、ネギを“別山”にしているんだろう……そう思いつつ、私はレンゲでスープをひと口。
 はぁ~、背脂たっぷりで、たぶん体にはよくないんだろうけど、熱々で旨いなぁ……と、ここでハタと気が付いた。

 そうか! スープをぬるくしないためにネギを“別山”にしているんだ! 
 ネギを山盛りにすると、ビジュアル的にはいいんだけど、ネギをスープに沈めていくたびにスープはぬるくなってしまう。たぶん、それを嫌う人がいるから“別山”にしたんだろうなぁ。逆に言えば、「気にしない人はそのままラーメンの上に乗せてください」ということなのだろう。ラーメン店もいろいろと気を使っているんだねぇ。

背脂にまみれた味玉。たまんないねぇ

 どうしようか迷ったけど、私は“別山”のまま食べることにした。背脂にまみれた味玉を先に食べられるしね。

麺のアップ

 平打ちの太麺は相変わらずの旨さ。シャキシャキのネギと一緒に食べると、さらに旨い。
 最後はもどかしくなって、ドバッとネギを入れちゃったけど、熱々のスープも堪能できたし、満足、満足。これだけネギを食べているんだから、早く風邪、治らないかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市秋津町3-2-2
電話:042-397-9666
営業時間:午前11時~深夜0時
定休日:月曜
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2008/05/06 21:41 ] 【ラーメン】 江川亭(秋津町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR