東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

予想を裏切る定食

 久米川駅北口の中華料理店「昭和軒」と言えば、安さとボリュームの多さがウリのお店だ。でもこのお店にはもう1つ、忘れちゃいけない魅力がある。

 それは“予想を裏切るメニュー”だ。

 思えば私は何度もこのお店のメニューに裏切られてきた。「裏切る」という言葉は悪い意味に使われがちだけど、この場合はいい意味だから、誤解のないように。
 前回食べた「目玉焼きライス」(550円)もそうだし、「五目やきそば」(600円)もそうだった。
 これら以外にも「そう来たか」と思わせるメニューが多くて、「このメニューはどうなんだろう?」といろいろ食べたくてこのお店に通ってしまうという人もいるんじゃないかなぁ。


 前置きが長くなってしまったけど、先日、私は「昭和軒」に行ったんですよ。普通に「中華丼」(600円)を食べようと思っていたんだけど、メニューを見ると、また気になるモノを発見しちゃったんですよね。

*ピーマン炒めライス(650円)

 皆さん、コレ、何だと思います。私は素直にチンジャオロースだと思ったんですよね。さすがにピーマンだけを炒めたモノじゃないでしょう。
 ということで、「ピーマン炒めライス」を注文したんだけど、するとご主人がおもむろに大振りのピーマン3個を取り出したんだよね。

「エッ? まさか……」

 固唾を飲んで待っていると、「はい、お待ちどうさま」とご主人。

ピーマン炒めライス

 これが「ピーマン炒めライス」だ! いやあ、またしても予想を裏切られたよ。

これがピーマン炒め

 ピーマンをメインにキャベツ、モヤシ、ニラ、タマネギ、そして豚肉が入った塩炒めの上に、半熟目玉焼きが乗り、その上には中濃ソースがかけられている。
 要するにピーマンをメインにした肉野菜炒めの上に目玉焼きが乗っているワケだ。
 こう来るとは思わなかったなぁ(笑)。

ワンタンの皮が入ったスープ お新香にはなぜか肉炒めが乗っている

 しかもスープにはワンタンの皮が入っていて、こちらもボリュームがある。さらにお新香の小皿には、なぜか炒めた肉が乗っていたりする。すべてが私の想像を超えた、まさにカオス的な定食だ。

 では、いただいてみますか。ピーマン炒めはどの野菜もシャキシャキしていて、塩加減もよく、旨い。これはご飯に合うね。
 ただ問題は、上に乗っている半熟目玉焼きをどうするかだ。普通ならそのままご飯の上に移動させて食べるんだけど、ピーマン炒めの上に乗っているということは、ここで黄身を崩して食べろってことかも。

ピーマン炒めの上で黄身を崩してみた

 というワケで、ピーマン炒めの上で黄身を崩してみた。ビジュアル的には凄く旨そうなんだけど、食べてみるとそうでもなかったので(笑)、早々にご飯の上に移動させ、ご飯に混ぜて食べることに。

 それにしてもピーマン炒めのボリュームがハンパないこと! スープもボリュームあるし、お新香にも肉が乗っているから、全部食べ終えると、もうお腹がパンパン。いやあ、食べた、食べた。
 ご主人、奥さん、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市本町4-2-3
電話:042-393-3689




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2012/06/03 06:00 ] 【中華料理】 昭和軒(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR