東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

進化する冷やしラーメンとお得で旨い餃子

「昔ながらの中華そば」という表現がピッタリのラーメンを出してくれる、恩多町にあるラーメン店「味六」。このお店がナント、「餃子を出すようになった」という情報を聞いて、早速、私は行ってみた。

味六

 お店に入ろうとすると……あれ? 何やら玄関に張り紙があるぞ。

こんな張り紙が…

 おおっ! 本当に「手作り餃子」を始めたんだ。「冷しラーメン」も一緒に書いてあるということは、前回「冷しラーメン」を食べた時にも餃子はあったということなのだろうか? しまった! 気付かなかったよ。

 ということで、私は「冷しラーメン」(800円)と「手作り餃子」(300円)を注文した。

冷しラーメン

 しばらくして、まず「冷しラーメン」が運ばれて来た。
 ん? 味玉が普通の茹で玉子になっている。これはどういうことなんだろう? 疑問を抱きつつ、スープをひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 前回食べた時よりスープが冷たく、旨味を残しながら喉をスーッと通り抜けていく。これは旨いなぁ……と、ここであることを思い出した。前回は、乗っている具材の中でふわふわの豚のそぼろと味玉が温かかったんだけど、今回はそのうちの味玉が茹で玉子に変わっている。これってひょっとすると、スープを冷たくするためなのではないだろうか?
 考えすぎかなぁ? でも、たまたま味玉がなかったって考えるより、そう考えた方が美味しく食べられるでしょ(笑)。

麺のアップ

 キュッと冷水で引き締められた麺は、本当に冷たくて喉越しがいい。いやあ、旨いなぁ。確実に前回より旨いと思う。進化を感じるよ。

 と、そこに「手作り餃子」が登場。

これが「手作り餃子」

 おおっ、小振りだけど、焼き色が旨そう。

小振りだけど旨いのだ

 オーソドックスに醤油+酢+ラー油の餃子だれをつくり、そこに餃子をザップン。そしてお口にIN!
 おおっ、ジューシーで旨いじゃないの。これが5個で300円っていうのはかなりのコストパフォーマンスだと思うなぁ。

 だけど、何で餃子を始めたのだろうか? ひょっとすると、これって「ワンタンメン」への布石だったりして。うーん、あの「中華そば」にワンタンが入れば……ああっ、想像しただけでよだれが出ちゃう。旨そうだなぁ。
 その前に、あの「中華そば」のスープに、この「手作り餃子」を泳がせて食べてみようかな。きっと旨いと思うなぁ。
 ああ、楽しみ、楽しみ。また近いうちに食べに行こうっと。



【DATA】
住所:東村山市恩多町5-27-25
電話:042-391-8888
営業時間:午前11時~午後8時
定休日:水曜、第2火曜日






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2009/09/19 21:00 ] 【ラーメン】 味六(恩多町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR