東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

極太麺が旨いラーメン

 2009年11月30日、久米川にラーメン店がオープンした……そんな情報を耳にした私は、早速お店に向かった。
 場所は久米川駅南口の「西友」の横を入った商店街で、以前「モスバーガー久米川店」があった所だという。行ってみると……。

麺屋 清琉

 あった、あった、ありました。「麺屋 清琉」という店名ですか。今どきのラーメン店らしいキリッとした店名だね。

 券売機のメニューを見ると、真っ先に「特濃つけ麺」(750円)の文字。これは「並200g」「中盛300g」「大盛400g」とあるのだが、大盛まではナント無料なのだとか。さらに100円プラスすれば「特盛600g」になる。うーん、チャレンジ魂をくすぐるなぁ(笑)。

 でも、この日の気分はつけ麺ではなくラーメンだったので、私は「中華そば」(680円)のボタンをポチッと押した。

中華そば

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。「中華そば」というから、透明でスッキリした醤油スープかと思ったら、さにあらず。いきなり鼻腔を魚系の香りがくすぐる。
 レンゲでスープをひと口飲むと……うん、確かに魚系の味がする。でも同時に獣系の味もする。Wスープってヤツですか。秋津のラーメン店「良人」のスープをもっとスッキリまろやかにした感じだ。

麺のアップ

 でもこのお店の特徴はこの極太の麺じゃないかなぁ。食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 モチッとしていて歯応えといい、麺そのものの味といい、もろ私好み。確かにこの麺ならつけ麺の方がいいかも。

 だけどこのスープ、旨いなぁ。飲むほどに魚系の香りと味が消え、まるで久米川駅南口のラーメン店「らーめん たつ」のようなスッキリした豚骨スープの味わいになっていく。この変化が面白くてスープを全部飲んじゃったよ。
 いやあ、旨かったなぁ。今度は「特濃つけ麺 大盛400g」を食べてみるかな。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告