東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

太い!旨い!腹いっぱい!

 久米川駅南口にオープンしたばかりのラーメン店「麺屋 清琉」。このお店の一番のウリは「濃厚つけ麺」(750円)なのだが、前回はつけ麺気分じゃなかったので、「中華そば」(680円)を食べてしまった私。
「やっぱりそれじゃあダメだろう」ということで、先日、「濃厚つけ麺」を食べるため再びお店に行ってみた。

「濃厚つけ麺」は並が200グラム、中盛が300グラム、大盛が400グラムなのだが、ナントこのお店では同じ750円で大盛まで頼める。さらにもっと食べたい人のために600グラムの特盛というモノがあるのだが、こちらはプラス100円となる。
 私はどうしたかというと、一応フードファイターじゃないですからね、当然ながら特盛は避けて大盛にしましたよ(単純に100円ケチッただけ)。

 このお店は麺が極太だから、出来上がるまで結構待たされる。しばらくして出てきたのがコレだ。

濃厚つけ麺 大盛

 いやあ、待った甲斐のあるビジュアルだねぇ。

この極太麺! 旨そう!

 見てくださいよ、この極太麺! 旨そうじゃないですか。麺がツヤツヤ光っているのがたまんないよね……って、ちょっ、コレ、量が異様に多くない?

量もたっぷり

 エエッ、400グラムでこの山なの? 600グラムの特盛って、どうなのよ?
 まあ、お腹空いてるから、これくらい大丈夫だとは思うけどね。

つけ汁

 これがつけ汁。まずはレンゲでひと口飲んでみると……うわっ、濃いッ! でもあの極太麺に味を付けるには、これくらい濃いつけ汁じゃないとダメなんだろうなぁ。

これが旨いんだ

 ではでは、極太麺をつけ汁に泳がせてから、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやいや、これはたまんないね。「中華そば」より魚が強くて、麺にしっかりそのスープが絡む。これはいいなぁ。
 メンマや細切りにされたチャーシューと一緒に食べると、さらに旨い、旨い。
 ワシワシと食べ続けて、アッと言う間に麺を完食してしまった。

 ふぅ~ッと息をついていると、店員さんが「こちらでスープ割りができます」とカウンターの上にあるポットを差し出してくれた。

食べた後はスープ割り

 ポットの中のスープは白濁していて、それを入れてつけ汁を飲むと、しょっぱいくらい濃かった魚の味がマイルドに変化し、今度は豚骨の味がしてきた。いやあ、旨いし、温まるよ。

 さすがお店がウリとしているラーメンだけあるよ。いやあ、旨かったし、もうお腹パンパン。これはまた食べたくなるラーメンだね。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
営業時間:午前11時半~午後2時半、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR