東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

武蔵野うどん風なつけ麺

 鷹の道沿いにある「幻のサンマーメン」という幟でおなじみの中華料理屋「どんどん」。読者の方からこのお店の「肉入りつけめん」(700円)が美味しいという情報をいただいたので、早速行ってみた。
 ちょっとお腹が空いていたので、「餃子」(450円)も一緒に注文。しばらくして「どうぞ」と2つ一緒に運ばれてきた。

肉入りつけめん

「あれ? これって、何かに似てる……」と見た瞬間、私は思った。そしてすぐ、何に似ているのかわかった。
「武蔵野うどんだ!」
 麺は確かにラーメンだが、つけ汁の中に入っているのは豚バラ肉。これだけでも普通のラーメン屋で出すつけ麺とはかなり違う。

つけ汁

 まずはつけ汁をひと口。確かにラーメンのスープだが、豚バラ肉とタマネギの甘みが際立っている。そして最後に舌にほのかに酸味が残る。豚バラ肉とタマネギは炒めてあり、スープには油が浮いているのだが、なぜかサッパリした味わい。

麺のアップ

 細い縮れ麺をつけ汁にくぐらせてズズッと食べる。思った通り、武蔵野うどんのラーメン版だよ。旨い。ただ残念なのは、つけ汁がすぐに冷めてしまったこと。それだけ麺をキッチリ冷水で締めているということだから、これは仕方ないか。
 でもこれは旨かったなぁ。他のお客さんが3玉頼んでいたけど、その気持ち、食べてみたらよくわかる。スルスル食べられちゃうからね。
 一緒に出て来た餃子は、あんがすべてを細かく刻んだペースト状のモノで、ちょっと苦手なタイプだったけど、味は何となく懐かしい感じがした。

餃子

「なぜだろう?」と考えながら、もうひと口食べて、その懐かしさの原因がわかった。
 ニンニクだ。昔は餃子にニンニクは付き物だったけど、今はむしろ入れていない方が多い。代わりに生姜をたっぷり入れるのが主流だ。だから懐かしく思ったんだろうな。私自身、ニンニク入りの餃子は本当に久しぶりだ。

「いやあ、食った食った」とお冷を飲みながら何気なくメニューを見ると、変な文字が目に飛び込んできた。
「エエッ! 『どんどん丼』? 何じゃそりゃ?」
 またしても宿題ができてしまった。「どんどん丼」とは一体何なのか? 近いうちにまた来て謎を解明しようと思う。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR