東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

どんどん食べられる丼モノ

「幻のサンマーメン」という幟でおなじみの、鷹の道沿いにある中華料理屋「どんどん」。前回行った時に、このお店で気になるメニューを見つけちゃったんですよね。

「どんどん丼」(700円)。

 お店の名前を冠しているだけに、メニューの中の「当店自慢」という項目に入っているのだが、どういう料理なのかサッパリ想像がつかない。というワケで先日、お店に行ってきました。
 注文する前にお店の人に「この『どんどん丼』って、どういうモノなんですか?」と聞いてみた。すると、「玉子丼ってあるでしょ。あれだけじゃ栄養がつかないから、たっぷりの野菜とお肉を入れたモノなんですよ」という答え。うーん、何となくわかったような、わからないような……。まあ、出てきてからのお楽しみということで、「どんどん丼」を注文。しばらくして、謎の「どんどん丼」が運ばれてきた。

これが「どんどん丼」だ

 一見すると、他人丼に似ている気もするが、キャベツの緑やニンジンの赤がチラチラ見えて、こっちの方がカラフルだ。これにザーサイとスープが付いている。
 アップで見ると、こんな感じ。

どんどん丼のアップ

 どうやら野菜の上に豚肉が乗せられ、その上を玉子でとじているようだ。まあ何はともあれ、食べてみようじゃないの。
 箸を差し込んでグワッと持ち上げると、たっぷりの野菜が出て来た。キャベツとニンジンのほかにシイタケやタマネギが入っている。野菜はすでにやや甘めの味付けがしてあり、玉子と一緒になると旨い。

割と大きな豚肉が入っていて食べ応え十分

 入ってる豚肉が割と大きめで、食べ応え十分。「肉野菜炒めを乗せて玉子でとじたモノ」と思っている人もいると思うが、味は微妙に違うと思う。たぶんこっちの方が食べやすいのではないだろうか。私はすいすいと食べて、あっと言う間に完食してしまった。
 カツ丼だとタマネギが入っているとはいえ、ほとんど肉だけなので野菜不足。その点、この「どんどん丼」は野菜たっぷりだから、栄養のバランスもいいと思う。700円という値段がちょっとネックだけど、このメニューはなかなかいいと思うなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町3-6-12
電話:042-394-3292





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR