東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

いろいろ楽しめて大満足のお粥

 東村山市立第四中学校の近くにある中華レストラン「一翠」。このお店の「海鮮粥」が美味しいという情報が掲示板に寄せられたので先日、私は行ってみた。
 道草をしながらゆっくりと歩いて行ったせいか、お店に着いたのはランチタイムの終わった午後2時過ぎ。店内に入り、早速メニューを見ると……あれ、「海鮮粥」がない。ひょっとしてランチメニューだったのかなぁ。
 でもせっかくココまで来たのだからと、あきらめ切れない私は店員さんに「海鮮粥」ができるかどうか聞いてみた。

「できますけど、ちょっとお時間をいただくことになりますが」と店員さん。ちょっと待つぐらいならノー・プロブレム。だけど、何となく“私のためにわざわざつくる”という雰囲気だったので、何となく申し訳なく感じ、私は「春巻」(1本126円)を3本をあわせて注文した。

春巻

 まず運ばれて来たのは「春巻」。皮はパリッとして具はトロ~リ。なかなか旨いじゃないの。
 そしてしばらくして「海鮮粥」がやって来た。

海鮮粥

 おおっ、土鍋で出てきましたか。意外と量がありそう。シンプルでキレイな色だねぇ。

海鮮粥のアップ

 チラッと赤く見えるのはカニだね。だけどほかの海鮮はどこに行ったんだろう? 私は土鍋と一緒に運ばれてきた大きなレンゲで「海鮮粥」の中をかき回し、すくってみた。

中にはエビやホタテがゴロゴロ

 いやいや、ズコい、スゴい。エビとホタテがゴロゴロ入ってるじゃないの。こりゃ旨そうだねぇ。
 添えられているお碗に「海鮮粥」をよそってひと口。アチチチッ! でも旨いなぁ。薄味で体に優しい感じ。とはいえ、やはり味が薄いので、もうひと味欲しい。ということで、自分仕様でいろいろ試してみた。

まずは胡椒を

 まずは胡椒。これはいいねぇ。私が胡椒好きだからというワケではないが、ほわんとした優しい味がいきなりシャープになって旨い。

続いて醤油

 続いては醤油。これは予想通りの味。かけ過ぎるとお粥が台無しになるけど、少量なら海鮮の旨味を引き立ててくれる。

ラー油もなかなかイケた

 卓上にラー油もあったので試してみた。お粥のヘルシーさからはかけ離れてしまうが、これもなかなか旨い。個人的にはイケる味だと思うなぁ。

 お碗によそってはいろいろ試して食べたのだが、これだけ食べてもまだ土鍋の中にはお粥が残っている。結構な量だよ。
 さて、最後はどうやって食べようかなぁ……と考えた私。やっぱりシンプルにそのままで食べてみるかと口にしてビックリ。
 熱い時は薄味にしか感じなかったのだが、少し冷めて食べやすい温度になると、意外に塩味が効いていて美味しい。いやあ、このままで十分だよ。まさに締めにふさわしい味だ。


 とまあ、たっぷり堪能したワケなんですが、この「海鮮粥」、いくらだと思いますか? 会計の際、私は「春巻も食べたし、1000円を超えるだろう」と思っていたのだが、ナント1000円で97円もお釣りが戻ってきた。レシートを見ると「海鮮粥」は525円。これだけの量で、これだけ海鮮が入って、これだけ楽しめて525円ですよ! いやあ、参りました。これは間違いなくオススメです。
 美味しい情報を提供してくれた、ここあさん、ありがとうございました。


【DATA】
住所:東村山市野口町3-12-8
電話:042-396-5454
営業時間:午前11時半~午後10時
定休日:第3火曜
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2006/07/26 17:27 ] 【中華料理】 一翠(野口町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告