東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

料理が旨くて通いたくなる居酒屋

 先日のこと。たまたま車で諏訪町にある西宿通りを走っていたら、スーパー「ヤオチュウ諏訪店」の隣に何やら暖簾が出ているのを発見。

「あれ? こんな所に飲食店って、あったっけ?」

 そう思いつつ走り去った私だが、それ以来、「ヤオチュウ諏訪店」の隣のお店が気になって仕方がない。だけど、何となく1人では行きづらいので、友人夫婦のKIJITORAさんカイさんの2人と一緒に行くことにした。

こんなところにお店が…

 場所は東村山駅西口を出て、駅を背にしてロータリーを右に進み、最初の信号交差点を右折。そのまま真っ直ぐ道なりに進むと、西宿通りになり、左側に「化成小学校」や「ふるさと歴史館」が見えてくる。それらを通り過ぎ、踏み切りを渡り、250メートルほど歩くと、暖簾と看板が見えてくる。
 見た感じ、お店というより、自宅を改装したような趣だ。

なかはた

 店名は「なかはた」。「飲み食い処」と書いてあるが、ちょっとした「小料理屋」っぽくて、何となく入りづらい。
 でも、入り口横にあるホワイトボードを見ると……。

カキがあるよ!

 エッ、「から付生カキ」が1個200円だって! この時期にカキが食べられるってのもビックリだけど、200円という値段にさらにビックリ。
「マサさん、ほかの料理もリーズナブルじゃないですか」とKIJITORAさんもホッとした表情でひと言。「じゃあ、入りますか」と3人でお店の中へ。

 店内は4人がけのテーブルが3卓。こぢんまりとしている。少しお年を召された大将が「いらっしゃい」と出迎えてくれた。
 テーブルにメニューはなく、すべて壁にズラリと貼り出されている。
 まずは各自、思い思いの飲み物を頼んで乾杯だ。

 壁に貼ってある日本酒リストを見ると、ナント、東村山の地酒でありながら東村山ではなかなか飲めない「屋守(おくのかみ)」があるではないか! 

「屋守」で乾杯

 というワケで、私は「屋守」を頼んで、乾杯。いやあ、旨いッ! 地元にこんなに旨いお酒があるってこと、もっと東村山に住む多くの人に知ってもらいたいなぁ。

お通し

 お通しはフキ。あまりに旨そうだったから、写真を撮る前にいくつか食べてしまったんだけど、見た目の鮮やかな色合いから勝手に薄味と思っていたんだけど、全然違う。見た目と裏腹に、しっかりとした味が染みていて旨い。
 お通しが旨いと、俄然、料理への期待は高まるというモノだ。

生カキ

 まず最初に頼んだのは、3人とも気になっていた「から付生カキ」だ。3個頼んだのだが、出て来たカキの大きさに3人してビックリ。見るからに身がプリッとしている。
 大将の話によると、これは兵庫のカキで、今ぐらいの時期の方が美味しいらしい。「レモンを添えているけど、そのまま食べても美味しいですよ」ということなので、3人ともレモンを搾らず、そのまま食べてみた……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは参った。これほど旨いカキが5月に食べられるなんて思いもしなかったなぁ。

ホタルイカ沖漬け

 続いて運ばれて来たのは、大将自家製の「ホタルイカ沖漬け」(400円)。ホタルイカの大きさに少し驚きつつ、口に入れてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 ホタルイカももちろん旨いんだけど、一緒に口にした大根おろしがまた旨いんだよね。

鬼おろしで擦った大根

 大根は竹製の鬼おろしですりおろされたモノだった。どおりで旨いワケだ。

麻婆豆腐

 次はカイさんが気になったという「麻婆豆腐」(550円)。なぜ気になったかというと、貼り紙に「当店自慢の一品」と書いてあったからだ。
 見ると、色合いはなかなか本格的だ。食べてみると、それほど辛くはないけど、やや甘辛い日本風とも、山椒が効いた中国風とも違う、ユニークな味。カレーのようなスパイスの複雑さを感じる。お酒のツマミとしてイケるし、これはご飯ともバッチリ合うだろうなぁ。

刺身の盛り合わせ

「本日のおすすめ品」の中に刺身がいろいろあったのだけど、私は大将に「刺身を適当に盛り合わせでお願いします」と頼んでみた。
 で、出て来たのが、コレ。手前がトリ貝で、後ろは左からイサキ、マグロ、ヒラマサ。ツマも旨いモノだから、3人してキレイに平らげてしまったよ。

チヂミ風ニラ玉

 こちらは「チヂミ風ニラ玉」(400円)。ちょっと料理名から想像できなかったのだが、確かにこれは「チヂミ風」だ。そのままでも旨いんだけど、醤油を少し付けると抜群に旨くなる。

水菜とオコゲのサラダ

 野菜も食べなきゃということで頼んだのが、この「水菜とオコゲのサラダ」(350円)。オコゲはどこかというと……。

このオコゲが旨いんだ

 たっぷりの水菜の下に隠れていたんだよね。このオコゲを割って、ドレッシングのかかった水菜と一緒に食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 何なの、この食感と味は! もう「絶妙」としか言いようがない。この大将、タダ者じゃないね。


 〆として頼んだのは、KIJITORAさんがリクエストした「トマト焼そば」(650円)。このお店のメニューにはなぜか「ソース焼そば」(550円)と「ガーリック風味 塩焼そば」(650円)、そして「トマト焼そば」と、3種類の焼きそばがあるんだけど、KIJITORAさんは一番“キワモノ”っぽい「トマト焼そば」を選んだんだよね。気になるのはわかるけど、〆としてはどうなんだろう?……そう思っていたら、来ました、来ました。

〆の「トマト焼そば」

 これが「トマト焼そば」。見た目といい、漂ってくる香りといい、旨そうじゃないの。
 大将の話だと、味付けはトマトと塩だけだという。ではでは、いただいてみますか……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 大将、参りました。KIJITORAさん、さすがの選択です。
 これは本当に〆にピッタリ。ケチャップとは違う味わいで、しつこくなくサッパリしている。


 このお店、ランチもやっているのだという。ランチも気になるけど、食べてみたいメニューがほかにもあるから、また行ってみたいなぁ。いやあ、家の近くにあったら間違いなく通ってるね。
 KIJITORAさんカイさん、付き合ってくれてありがとう。また行こうね。




【DATA】
住所:東村山市諏訪町1-19
電話:042-391-3804
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後5時~深夜12時
定休日:月曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
うお~ 実家のすぐそばです。
とっても入りづらそうですが、さすがですね。

ぜひ行ってみたいと思います。
[ 2012/05/16 17:21 ] [ 編集 ]
たけぞうさんへ
こんにちは。
そういえば、ご実家と近いですね。
いいお店でしたよ。
ランチもやつていますから、ぜひ行ってみてください。



[ 2012/05/17 04:08 ] [ 編集 ]
gun
 この升入りコップ酒の「屋守」1合あるとのことだが
他店なら800円くらいなのに600円は安すぎ。嬉しい。
 もともとは新井薬師でやっていたところ、ここでカラ
オケスナックをやっていたお兄さんが田舎へひっこむの
を期に移転してきたのだとか。
 新井薬師のお客さんがよく来てくれるとの事。繊細な
和食とかってのじゃなく、安定感のあるしっかりした美
味しさとご主人の人柄なのだろう。
 東村山に比べれば新井薬師は圧倒的に都会なので、こ
こでは集客には苦戦をしいられてるとのこと。これから
は昼酒したくなったら寄せてもらおう。
[ 2012/05/24 22:14 ] [ 編集 ]
gunさんへ
こんばんは。
情報ありがとうございます。
いいお店だから、もっと繁盛して欲しいですね。


[ 2012/05/24 23:52 ] [ 編集 ]
家族でランチ行って来ました!
こんにちは。いつもマサさんのブログ楽しみに見ています。

ランチはお店の前に夜番のホワイトボートみたく定食が書かれていました。

金目の定食を頼みました。味がししっかり染み込んでいて、残った煮汁を「お湯で薄めてのみたいんですけど」と申し出たら、サッと!大将がポットを出してくれて、至福のスープでした。

麻婆豆腐定食も美味しくご飯が足りないくらいでした。娘はトマト焼きそば!大将が「子供は味に正直だね。嬉しいな。」と言っていました。

最後にマサさんのブログを大将にお見せして、「嬉しいな。」と照れていました。

マサさん、お身体大切にしてくださいね。細く、長く、このブログ楽しみにしています。いつかお店で逢えたら嬉しいです。
[ 2013/09/01 16:21 ] [ 編集 ]
ヨッペさんへ
こんにちは。
このお店にランチがあることは知っていました。
行きたい、行きたいと思いつつ、家からちょっと遠いので、まだ行けてないんですよね。

>金目の定食を頼みました。味がししっかり染み込んでいて、残った煮汁を「お湯で薄めてのみたいんですけど」と申し出たら、サッと!大将がポットを出してくれて、至福のスープでした。

いいなぁ。大将らしい気配りですね。
ランチ、行かなきゃね。
美味しい報告、ありがとうございます。



[ 2013/09/02 04:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR