東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

イメージとは違うけど自分好みの五目焼きそば

 別に五目焼きそばを極めたいと思っているワケではないのだが、最近、東村山市内の中華料理店の前を通るたびに「このお店の五目焼きそばは、どんなタイプなんだろう?」と気になって仕方がない。この間も鷹の道沿いにある中華料理店「幸多加(こたか)」の前を通った時、例の疑問が頭に浮かび、お昼時だったせいもあり、ついフラッと入ってしまった。

 注文したのは、「五目焼きそば」(750円)と「焼ギョーザ」(400円)。確か以前、このお店の餃子が旨いというコメントがあったので頼んでみたのだ。
 まず運ばれてきたのは「五目焼きそば」。

五目焼きそば

 やはり違うタイプの五目焼きそばだ。見た目は、塩味系のようだ。具だくさんで、トロみがいい感じでテカッていて旨そう。

麺のアップ。胡椒の粒がたまらない

 箸を突き入れ、麺をグイッと引き上げると、やや縮れた中華麺にプツプツと黒胡椒の粒が付いている。黒胡椒が大好きな私としては、もうたまらないビジュアルだよ。ではでは、いただきま~す。
 うんうん、旨いよ、コレ。あんなに胡椒まみれなのに、それほど辛くないし、むしろ旨味をバシッと引き立ててくれている。結構ボリュームもあって、これだけで十分お腹いっぱいになる。

餃子

 食べている途中に「焼ギョーザ」が到着。写真を見ただけで、皮がパリッとしているのがわかると思う。皮自体は薄いんだけど、焦げ目のある部分はパリッとして、中は熱々でジューシー。中のあんは、私の苦手とするペースト状のモノだったけど、これは口の中でフワッと漂うニンニクの香りもよく、美味しく食べることができた。


 今回も私のイメージしている五目焼きそばとは違うタイプが出て来たけど、これは個人的に好みかも。あとを引く味だ。
 それにしても東村山って、塩味系の五目焼きそばが多い気がするなぁ。東村山で五目焼きそばって言うと、塩味系が定番なのかもしれないね。


【DATA】
住所:東村山市本町1-20-20
電話:042-395-2888





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告