東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

シッカリ体を温めてくれる鍋料理

 たまたま仕事で一緒になった友人と、「じゃあ夕食でも食べようか」という話になり、向かったのは久米川駅北口の韓国料理店「百帝園」。私も友人も風邪を引きかけていたので、参鶏湯(サムゲタン)を食べて栄養をつけようと思ったんだよね。
 だけど、メニューを見ると、参鶏湯がない。お店の人に聞くと、やっていないとのこと。うーん、ショック。
「どうしようかなぁ」と考えていると、店員さんが「これは体にいいし、温まりますよ」と、「タットリタン」(2604円)というメニューを薦めてくれた。「タットリタン」とは、鶏肉と野菜を辛いスープで煮た鍋料理だ。
「じゃあ、それにしようか」ということで、「タットリタン」を注文。あわせて精をつけるために「レバ刺し」(1029円)も頼んだ。

レバ刺し

 まず運ばれて来たのは、「レバ刺し」。ごま油と塩の付けダレでいただく。臭みのない牛レバーで、なかなか旨い。

タットリタン

 と、そこへ「タットリタン」が登場。これで2人前ということなのだが、結構なボリュームだ。鶏肉のほかには、ニラ、ピーマン、パプリカ、ジャガイモと野菜がたっぷり。

鶏肉のほか野菜がたっぷり

 テーブルの上でグツグツと煮込んでから、いただきま~す……おおっ、なかなか辛いけど、旨い。鶏肉はすでに下味が付いていて、普通に煮込んだ鶏肉とはまた違った味わい。
 たっぷりの野菜はどれも旨いのだが、中でもジャガイモは甘くて旨い。
 スープを飲むと、時折、スライスされた小さな物体が口に入る。噛むと独特の味が口に広がる……生姜だ。なるほど、ホカホカと温まるのは辛さのせいだけじゃないんだ。

ナムル

 箸休め的に「ナムル」を頼んだのだが、これも旨かったなぁ。

「タットリタン」を食べ終えると、店員さんが「ごはんかラーメンを入れますか?」と聞いてきた。普通はご飯なんだろうけど、ちょっとお腹いっぱいなので、スルッと入りそうなラーメンをお願いしてみた。

スープと野菜を入れてもらい…

 残ったスープが少なかったので、スープと野菜をまず鍋に足す。

ラーメンを投入

 それからラーメンを投入。これだけでもすごく旨そう。煮込んだところで、「さあ、食べよう」と思ったら、「ちょっと待って」と奥から男性が、手に器を持って出てきた。

溶き玉子で仕上げて出来上がり

 器の中に入っていたのは溶き玉子。それを鍋に入れてできたのがコレ。メッチャ旨そうじゃないの。
 では、器に取って、いただきま~す……うん、旨い。これはいいねぇ。友人と2人でスープもほとんど飲んで完食。いやあ、温まった。体がポカポカだよ。目当ての参鶏湯は食べられなかったけど、満足のいく夕食だった。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町4-12-3
電話:042-397-0336
営業時間:午前11時~深夜0時(ランチタイムは午前11時~午後2時まで)
定休日:第1・第3火曜(ただし祝日の場合は営業)





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2010/11/24 00:05 ] 【韓国料理】 百帝園(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告