東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

意外に重たくないとんかつラーメン

 看板に「ラーメン」と「とんかつ」の文字が入っているユニークな居酒屋「和(かず)」。先日、私はこのブログで知り合った人から、「あのお店には『とんかつラーメン』があるんですよ」と教えられ、「エエッ、そうなんですか!」と驚いた。「ラーメン」と「とんかつ」をウリにしているんだから、ちょっと考えれは誰でも思いつくことであり、別に驚くほどでもないのかもしれないが、私は話を聞くまで完全に「ラーメン」と「とんかつ」を別個のメニューとして考えていた。というか、私の中ではラーメンの中にとんかつが入るなんて、“あり得ない発想”だったから驚いたのだ。
「それって美味しいのだろうか?」……これはもう自分の舌で確かめるしかないだろうというワケで、行ってきました。
 メニューを見ると、確かにとんかつラーメンはあった。しかもロースかつ入りと、ひれかつ入りの2種類も。私は「ロースかつ入りラーメン」(1050円)を頼んだ。注文を受けると、厨房のお姉さんは布に包んだ大きな肉の塊を冷蔵庫から取り出し、切り出した。普通のとんかつより肉は薄めだが、切り出した肉はちゃんと叩き、包丁で筋切り。キチンと、とんかつとしてつくっている。これはちょっと意外だった。このお店はそもそも居酒屋なんだし、つくり置きしたとんかつを乗せたとしても誰も文句は言わないと思うのだが、やはり看板に「とんかつ」の文字を入れている以上は「ちゃんとしなければ」と思っているのだろう。大したモノだ。
 15分ぐらいかかっただろうか、ようやく「ロースかつ入りラーメン」がやってきた。

ロースかつ入りラーメン

「熱いから気をつけてください」と手渡されたラーメンは確かに熱い。この上に揚げたての熱々とんかつが乗っているワケだ。うーん、旨そう。それではまずはスープを……アッサリとした鶏ガラ醤油スープ。これにとんかつから染み出たラードのほのかな甘みが加わり、旨い。「とんかつ」と「ラーメン」という組み合わせはイメージとして「重たい」感じがするのだが、スープに関しては全然そんなことはなかった。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。やや柔らかいのが気になったが、悪くない。
 さあ、いよいよ、とんかつだ。さすがにコロモにスープが染みているから、サクッとはいかないが、フニャフニャにはなってなく、シッカリ肉についている。食べるとコロモに染みたスープと肉がよく合ってなかなか旨い。肉の厚みが5ミリほどと薄いのも絶妙。これ以上厚いと、きっと重たく感じるだろうな。
 排骨麺に似ているけど、唐揚げではなくコロモがちゃんと付いていてスープが染み込む分、とんかつの方がラーメンと一体化しているような気がする。個人的には麺がもう少し固めだとうれしいが、食べ終えたあとも胃もたれすることなく、スッキリ。これなら飲んだ後でもイケるラーメンだと思うな。






★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
[ 2005/09/20 18:50 ] 【閉店したお店2019】 和(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告