東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

東村山冷麺選手権エントリーNO.18

 今回は取り上げるのは、読者の方からリクエストされた「おいしい家」の「ジャパニーズ冷麺」(470円)。すでに料理名に「ジャパニーズ」と入っている時点で、普通の冷麺とは違うと考えた方がいいだろう。一体どんな冷麺が出てくるのか、とっても楽しみにしながら私はお店に行った。
 居酒屋だからということで、私は「ジャパニーズ冷麺」のほかに生ビールと「李さん家の海鮮チヂミ」(420円)を注文。先にチヂミがやってきた。

李さん家の海鮮チヂミ

 チヂミにしては安かったから注文したんだけど、味は今ひとつかな。もっとフワッとさせるか、モチッとさせるか、どっちかにして欲しい。それから付けダレ。これをもう少し工夫して欲しいなぁ。
 なんてビールを飲みながら思っていると、やってきました「ジャパニーズ冷麺」。

ジャパニーズ冷麺

 うーん、氷が入ってるんですか。ちょっと残念。私は氷をお通しの小鉢に移して改めて眺めてみた。丼は少し小振りだけど、見た目は美味しそうだ。
 さて、麺はどうなんだろうか?
 たっぷりの具が丼の表面を覆っていて麺が見えないので、私は箸を入れて麺をすくい上げた。すると……エエエエエッ!!!

麺のアップ

 これって、うどんじゃないか! 「ジャパニーズ冷麺」というネーミングからして、タダモノではないとは思ったけど、まさかそう来るとは……。驚きの冷麺、果たしてそのお味はいかに?

【スープ】★★★☆
 思いっきりカツオだし。でもキムチが入っているので、かき混ぜるとちょいピリカラになる。これが旨い。ゆで卵の黄身を溶かすと、また違う味に変化。これもいい。というか、日本人だからこのカツオだしのスープ、嫌いなワケがない。多少、旨味調味料が入っていると思うが、私はズズズッと全部飲み干してしまった。氷なんて入れず、もう少しキンキンに冷やしてあれば、もっと旨いと思う。

【具材】★★★
 白菜キムチに炒めたひき肉、水菜、味付け玉子1個。チャーシューではなくひき肉というのがいい。味もいいが、おそらくひき肉にしたのは別の役割を考えてのことだろう。その役割とは、表面を覆って麺を見せないことだ。これで麺を見た時の“驚き”を演出しているワケだ。キムチも意外に旨いし、水菜もシャキシャキしていい。
 通常、冷麺に入っている玉子は、普通のゆで卵半個だが、この冷麺には味付け玉子がまるまる1個入っている。これもいいねぇ。冷麺には欠かせない果物が入ってないのがやや寂しいが、値段を考えるとこれで十分と言えるかも。

【麺】★★★
 思いっきり讃岐うどん。コストから考えると、冷凍モノだろう。でも讃岐うどんに関しては、最近は冷凍モノも結構旨い。この麺もコシがあってなかなか旨かった。丼は小さいけど、割と量はあると思う。

【値段】★★★★
 470円でこの内容なら、文句ナシに安いでしょう。

【総合評価】★★★☆
 第16回目に紹介した「江川亭」の「梅塩冷麺」以上の問題作。というか、うどんだよ、コレは。でもアイデアは悪くない。ネーミングで「どんなモノが出てくるんだろう?」と思わせて、表面を具材で覆って麺を隠し、そして「エエッ、うどんじゃん!」とサプライズさせる。この演出は居酒屋メニューとしては最高。友達と一緒に来ていたら「ねぇ、ちょっとコレ見てよ!」と必ずなるハズだ。
 これで値段が800円もすれば、「何だよ、コレは!」と文句を言いたくなるかもしれないが、470円だから“シャレ”で済んでしまう。このメニューを考えた人は凄いと思うなぁ。だけどコレ、「冷麺」と呼んでいいのかなぁ……。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-9-32
電話:042-393-2866




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告