東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

大人気の海鮮居酒屋チェーン

 久米川駅南口を右に出て、久米川通り沿いにあった喫茶店「白鳥」。天井が高く、マスターの撮った白鳥の写真を見ながらゆったりできる喫茶店だったのだが、残念ながら昨年9月末に閉店してしまった。その後、何ができるのか注目していたのだが、1月末にオープンしたのはナント、海鮮居酒屋チェーン「はなの舞 久米川南口店」だった。この「はなの舞」という海鮮居酒屋は東村山市ではすでに東村山駅東口と秋津駅の駅ビル内にあり、このお店で3店目となる。
 私がよく情報収集に利用する「BIT St.」の東村山駅周辺情報を見ると、「はなの舞」は断トツの人気を誇っている。だから以前から「何でこんなに人気なんだろう?」と私は不思議に思っていた。「でもチェーンの居酒屋を取材するのもなぁ……」と敬遠していたのだが、新規オープンとなれば話は別だ。オープンしたっていうのは、十分に読者の皆さんに伝えるべき情報だからね。
 というワケで先日、行ってきました。

はなの舞 久米川南口店

「白鳥」の面影は全くなく、見事に居酒屋に変身している。入ると、オープンしたばかりだからかもしれないが、お客さんでいっぱい。「喫煙席と禁煙席、どちらがよろしいですか?」と聞かれたので「禁煙」と即座に答えると、すぐに「こちらです」と案内。
 客席はついたてっぽい仕切りで区切られていて、半個室状態。なかなか居心地がいい。でも狭いところが嫌いな人にはちょっと息苦しいかな。
 私は生ビールとともに、つまみをいくつか頼んだ。

米久のローストビーフ 白子の揚げだし
真あじのたたき くじらメンチ

 写真は左上から時計回りに説明すると、「米久のローストビーフ」(オープン特価で399円)、「白子の揚げだし」(504円)、「くじらメンチ」(504円)、「真あじのたたき」(504円)。どれも安いが、量もそれなりに抑えられている。味の方はというと……まあ、こんなモノじゃないんですか。ローストビーフはかかっているソースは旨かったけど、肉の方は味がなかった。白子もそう。白子そのものの味があまりしなかった。アジのたたきは旨かったけど、量が少ないし、くじらメンチはコンビーフみたいな味だったし……。でもこれくらいの味なら、みんなでワイワイ飲めば全く気にならないだろう。

 意外と旨かったのが、「本日のオススメ」と店員さんが言った「生本まぐろ刺身」(オープン特価で609円)だ。

生本まぐろ刺身

 口に入れると、トロッととろける感じ。オススメと言うだけある。でも個人的に一番気に入ったのはコレなんですよね。

かつお腹皮焼き

 コレ、何だかわかりますか? 「かつお腹皮焼き」(399円)と言って、私も初めて食べたんですけど、これはイケます。私はこれだけでビール1杯飲めましたから。味は柔らかい鮭トバと言えばわかってもらえるだろうか。味も歯応えも気に入ったね。
 たぶん、このお店、安くてちょっと変わったメニューがあるからウケているんだろうな。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-10-20
電話:042-390-8410
営業時間:午後5時~深夜3時(月~木曜)
      午後5時~翌朝5時(金・土曜、祝前日)
      午後4時~深夜1時(日曜・祝日)




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR