東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

三陸の思い出を詰めた丼

「そろそろトンカツみたいなこってりしたモノを食べたいなぁ」と思いつつも、食べた後の何とも言えない体のダルさが怖くて、ついついサッパリしたモノを食べてしまう私。この日も「今日こそはトンカツを」と思って家を出たものの、結局、向かったのは……。

玉乃鮨

 久米川駅南口の寿司屋「玉乃鮨」。やっぱりサッパリしたモノを食べようってことになっちゃうんですよね(笑)。

 このお店、駅から離れていて、決して立地はよくないけど、ランチタイムはいつも多くの人で賑わっている。この日もお店の前には自転車がズラリと止めてあり、相変わらずの人気ぶりが伺える。

ランチメニュー

 ランチメニューは、次の5つ。


*おまかせ丼(800円)
*鉄火丼(1300円)
*あじ丼(1000円)
*穴子丼(1200円)
*季節限定丼



 お店に入るまでは「あじ丼」を頼むつもりだったのだが、この日の「季節限定丼」が「花海遊山丼(はなみゆさんどん)」というモノであることを知り、気になったのでこちらを頼んでみることにした。本来は「花見」と書くところを「花海」としているところが面白いじゃないの。

花海遊山丼

 運ばれて来た「花海遊山丼」を見てビックリ。「丼」とは言うものの、丼の中は酢飯とガリのみ。別皿に4種類のおかずが盛られ、もう1つ別のお皿に鯛の南蛮が乗っている。これに味噌汁と香の物が付いていて、意表を突く「丼」に驚いたけど、見た目はなかなか豪華だ。

筍イサダ煮、桜海老の塩辛、ホタテの山椒炊き、出し巻玉子

 4種類のおかずは真ん中上から時計回りに説明すると、出し巻玉子、ホタテの山椒炊き、桜海老の塩辛、筍イサダ煮。「イサダ」とはオキアミのことらしい。
 いやあ、食べると、どれも旨い。桜海老の塩辛には酒盗が少し入っているらしく、食べていると日本酒が欲しくなってきたよ(笑)。

鯛の南蛮

 鯛の南蛮は本当なら骨までバリバリ食べられるのだろうけど、今回は頭の部分だったので、シッカリした骨が多くて「バリバリ食べる」というワケにはいかなかった。でも、これも旨かった。
 寿司屋ならではの生の魚はなかったけど、どれも手のかかった料理で、私は満足。

 帰宅してから何気なく今回の「花海遊山丼」をつくってくれた2代目大将のブログを見ると、「新メニューその名も花海遊山丼」という記事を発見。書かれたのは1年前、2011年4月30日のことだ。


三陸で過ごした懐かしい学生時代の思い出。

東北の遅い春。大船渡の公園で同級生と見た夜桜をおもいだしました。

そんなところから今回の新メニュー作りは始まりました。



 そういう思いが込められた丼だったんだね。2代目、美味しかったですよ。ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市萩山町4-1-8
電話:042-394-1214
営業時間:午前11時30分~午後2時、午後5時~9時
定休日:水曜・木曜
ホームページはこちら
2代目のブログはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。





関連記事
[ 2012/05/14 07:01 ] 【寿司】 玉乃鮨(萩山町) | TB(-) | CM(2)
後を継いだ若大将は、声がいーですね。
[ 2012/09/11 21:18 ] [ 編集 ]
gunさんへ
こんにちは。
こちらのお店の若大将に限らず、寿司職人の皆さんは総じて声に張りがあっていいですよね。どうしてなんでしょうね。


[ 2012/09/12 06:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR