東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

雰囲気のいい和食ダイニング

 地元の飲み仲間3人と「2006年の納めを」と久米川駅南口の焼き肉店「コチカル」でガッツリ飲み食いしたのだが、この1軒で終わる面々ではない。「次、行こうか」ということで、一行が向かったのは、11月にオープンしたばかりの和食ダイニング「毘沙門堂」

毘沙門堂

 場所は久米川駅南口を左に出てロータリー沿いに進み、モザーク通りに入る。真っ直ぐ進んで信号を渡り、今度はウイング通りに入る。30メートルほど歩いた左側にあるビルの1階がお店。「珈琲問屋 長澤」の向かいと言う方がわかりやすいだろうか。
 ちょっと暗くてわかりにくいかもしれないが、外観からしてちょっとシャレた感じ。とてもこのメンバーには似つかわしくないお店なんだけど、どうして入ったかというと、単純に私が取材してみたかったから(笑)。

 お店に入ると、まず靴を脱ぐ。店内は割と広く、全席掘りごたつ式になっている。照明もかなり暗めだし、カップルで来るのにピッタリのお店かもしれない。

プレミアムモルツとお通し

 何となく“場違い感”を抱きつつも、席に座ってしまえば、そこに“オヤジ空間”が現出。もう周りなんか気にならない。あとは飲んで食うだけだ。
 このお店、ナント、「プレミアムモルツ」の樽生があるのだとか。瓶を置いているお店は増えてきたが、樽生は東村山では珍しいかも。というワケで、「プレミアムモルツ」の樽生を頼んで乾杯! お通しもシャレてるね。

たこわさび えだまめ

 メニューを見ると、割とアッサリ系が多い。まあ、すでにガッツリ生肉と焼き肉を食べているから、この方がいいんだけどね。
 で、まず頼んだのは、「たこわさび」(550円)と「えだまめ」(550円)。ちょっと値段は高めかな。

17品目の和風サラダ 地鶏のたたきカルパッチョ仕立て

 お次は「17品目の和風サラダ」(750円)と「地鶏のたたきカルパッチョ仕立て」(850円)。

自家製豆腐の冷奴 汲み上げ湯葉

「おっ、豆腐は自家製なんだ」ということで、「自家製豆腐の冷奴」(650円)と「汲み上げ湯葉」(850円)を注文。もう、かなりお酒を飲んでいるから、結局冷たさと食感しかわからないんだけどね。たぶん、旨かったと思う。

地鶏のたたき

 でもって、やっぱり生肉でしょ……というワケで「地鶏のたたき」(750円)。

せせりの炙り味噌焼き チャンジャ

 最後は「せせりの炙り味噌焼き」(650円)と「チャンジャ」(550円)。
 いやあ、こうして写真を並べると、よく食べてるなぁ。

「じゃあ来年もよろしく」と締めようとすると、「新年会はいつにする?」と他のメンバー。「5日は都合が悪いから……」ともう日程を詰めようとしている。おいおい、面白すぎるぞ、みんな。
 で、新年会の日時をシッカリ決めて解散したのだが、新年会の話はまた後日ということで……。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-28-12
電話:042-391-1533
営業時間:午後5時半~深夜0時
年中無休
駐車場なし
詳しいお店の情報はこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR