東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

もてなすつもりが、もてなされ

 東京に住んでいた弟夫婦が、ワケあって奥さんの実家のある鳥取に引っ越すことになった。「じゃあ鳥取に行ってしまう前に会おうか」ということになり、弟夫婦が東村山に来るというので、私は2人をもてなすために久米川駅南口のダイニングバー「炭味坐(すみざ)」を予約した。このお店なら落ち着いて話ができるし、料理もお酒も旨いからだ。

 久米川駅南口の改札前で待ち合わせて、弟夫婦と私とカミさんの4人でお店へ。
 実はこのお店を選んだ理由はもう1つある。東村山の地酒「屋守(おくのかみ)」を飲んでもらいたかったのだ。全国的に有名になりつつあるお酒ではあるが、おそらく鳥取に行ったら飲めないと思うからね。

まずは「鍋島」のかすみ酒

 で、私はというと、「鍋島」のかすみ酒を注文。澱(おり)が少しあって、かすかに濁っているから「かすみ酒」なんだけど、これが口当たりがスッキリまろやかで旨いこと。
「弟夫婦をもてなす」というのは単なる口実で、本当は自分が旨いお酒を飲みたかっただけだったりして(笑)。

お通し

 温かくて優しい味わいのお通しがうれしいね。

刺身盛り合わせ

 ツマミはというと、まずは「刺身盛り合わせ」を注文。スズキにサーモン、ヤリイカ、紅ズワイガニのむき身、カツオと5種類が乗っている。

大山鶏白レバー刺し

 お次は久しぶりに復活の「大山鶏白レバー刺し」(557円)。すでにごま油と岩塩がかかっているので、1切れを箸でつまむと、そのままお口にIN!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 臭みは全くなく、岩塩によってレバーの甘みがグッと引き出されている。日ごろ、積極的にレバーを食べたりしない弟夫婦もカミさんも、「これは旨い」と喜んで食べてくれた。

自家製ベーコンの炙り チーたらの天ぷら

 続いては私がいつも食べているイチ押しのツマミ、「自家製ベーコンの炙り」と「チーたらの天ぷら」(473円)。どちらもお酒に合う、間違いのないツマミだ。

 と、ここでマスターから「マサさん、お店からの退院祝いです」と……。

牛テールの煮込み

 ナント、「牛テールの煮込み」を出してくれるではないか! このところマスターが時間をかけて「牛テールの煮込み」をつくっては、数量限定でメニューに出しているのをツイッターのつぶやきで見ていて「食べたい!」と思っていたメニューなんだよね。この日も黒板メニューを見て「今日はないのか……残念」と思っていただけに、これは本当にサプライズだった。

旨味たっぷり!

 大きな塊の牛テールは、箸を入れるとホロリ、ハラリと簡単に崩れ、骨から離れていく。
 肉も旨そうだけど、まずはその旨味がたっぷり出ているハズのスープをひと口……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 うわっ、これはバカ旨! 弟夫婦もカミさんも顔を見合わせ、にんまり。ついつい笑顔が出てしまう旨さなんだよね。
 続いて肉を食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 まあ、わかっていたことだけど、本当に旨い。いやあ、弟夫婦をもてなすつもりが、マスターにもてなされてしまったよ。うれしいなぁ。

牛サーロインの炭火焼き

 これは「牛サーロインの炭火焼き」(1260円)。これも焼き加減が絶妙で旨かったなぁ。

エリンギのガーリックバターソテー カマンベールチーズフライ

 軽いツマミとして「エリンギのガーリックバターソテー」(473円)と「カマンベールチーズフライ」(557円)を頼み、弟夫婦とこれからのことなどを談笑。

本日のケーキ

 〆に「本日のケーキ」を食べ、「今度、家族で鳥取に遊びに行くよ」と話しつつ弟夫婦と別れた。

 マスター、あの「牛テールの煮込み」には本当に驚いたし、本当に美味しかった。ありがとうございます。そして、ごちそうさまでした。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-30-5
電話:042-393-1766
営業時間:午後5時30分~午後11時30分
定休日:月曜
ホームページはこちら
マスターのブログはこちら
ツイッターはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
思わず感動!の日本酒・本格焼酎・ワイン!【幸せの酒 銘酒市川】

特選松阪牛専門店やまと




関連記事
[ 2012/04/21 07:00 ] 【閉店したお店】 炭味坐(栄町) | TB(-) | CM(4)
呑んでる、よね
先日、ここのマスターに「マサさん、呑んでましたよ」とお聞きしたので「マジで?」と思わず聞き返してしまいました。まだまだ完全じゃないだろうけど、とりあえず復活が垣間見れて良かったです。
[ 2012/04/21 16:23 ] [ 編集 ]
こんばんは。いつも楽しみに拝見しています。
前身のブログで何度かコメントさせていただいたのですが、その時の名前を忘れてしまいました。

こちらのお店、いつもおいしそう~と見ているのですが、マサさんのブログや
お店のHPを拝見しても結構お肉系ですかね?
一品当たりの量も多そうなので一人で行くには躊躇しています><
お野菜や少量のメニューはあんまりないでしょうか?
[ 2012/04/21 20:09 ] [ 編集 ]
食幸さんへ
こんにちは。
まだそれほどは飲み食いできないのですが、何とか復活したので、機会があればまた飲みましょう。

[ 2012/04/22 07:17 ] [ 編集 ]
A子さんへ
こんにちは。
すみません、たまたま注文したのが肉系ばかりというだけで、サラダなどの野菜モノもちゃんとありますよ。
量も、例えば刺身の盛り合わせなどは1人用に調整してくれますし、あらかじめ「少なめに」と言っておけば、よほど忙しくない限り、マスターが調整してくれると思います。


[ 2012/04/22 07:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR