東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

今どきのナポリタン

 野火止通りを青葉町方面に向かって歩いて行くと……。

ジャスミン

 カフェレストラン「ジャスミン」の看板が見えてくる。久米川駅あたりから歩くと、ちょうど体が汗ばむタイミングで見えるから、ホッとして休憩したくなるんだよね。
 ちょうどお昼時でお腹も空いていたから、私は久しぶりこのお店でランチを食べることにした。
 このお店のランチタイムは午前11時30分から午後2時で、メニューは次の通り。


*ポークジンジャー(800円)
*チキンソテー(800円)
*ビーフカレー(840円)
*ハンバーグ(1100円)
*有頭海老のフライ(1470円)
*ポークステーキ(1470円)
(ライスorパン、サラダ、コーヒーor紅茶付き)

*きのこのドリア(900円)
*チーズオムライス(890円)
*ナポリタン(850円)
*ミートソース(900円)
*ペスカトーレ(950円)
(サラダ、コーヒーor紅茶付き)



「ポークジンジャー」や「チーズオムライス」も魅力だったんだけど、この日は「ナポリタン」の文字に魅かれちゃったんだよね。「昔ながらのクタ~ッとした柔らかい麺のナポリタンが出てくるとうれしいなぁ」と思いつつ、私は「ナポリタン」を注文。

ナポリタン

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。

アップで見るとこんな感じ

 麺は全然クタ~ッとしてなくて、シャキッとしている。昔のナポリタンじゃなくて、ちょっぴり残念だが、これはこれで旨そうだ。
 食べてみると、ケチャップ味ではなく、ちゃんとしたトマトソース味。

チーズをたっぷりかけて…

 もうひと味欲しくて、粉チーズをかけて食べると……うん、旨い! 昔も今もナポリタンには粉チーズは必須なんだね(笑)。

食後にはコーヒーが出てくる

 食後にはコーヒーが出てくる。あれ? 確かこのお店のコーヒーカップには店名が書いてあったような気がしたんだけどなぁ。
 そう思って、コーヒーをお皿ごとクルリと回してみると……。

カップとお皿に店名が書かれている

 あった、あった。店名の入ったカップとお皿を出すお店って、今どき珍しいよね。「ナポリタン」は今どきなのにね(笑)。

 私みたいなオジサンにとって「ナポリタン」は、やっぱり麺がクタ~ッと柔らかくて、ケチャップ味で、ソーセージとタマネギとピーマンが入っているモノなんだけど、そういう「ナポリタン」って、アルデンテが常識となった今どきは好まれないんだろうね。




【DATA】
住所:東村山市青葉町1-4-20
電話:042-396-0313
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
ブルックス 簡単便利なドリップコーヒー
ナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR