東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

魚ランチが充実しているお店

「今日のお昼は何を食べようかなぁ?」と考えた時、ふと「魚が食べたい」と思ってしまった私。東村山駅周辺にいたので、この近辺の飲食店を思い浮かべ、魚料理のランチが充実しているお店を脳内検索。
 検索の結果、出てきたのは、東村山駅東口の鮨ダイニング「義(よし) 東村山店」。行ってみると「銚子港直送ランチ」と銘打って、メニューにはこんなにランチ定食が載っていた。

*「鯵刺と秋刀魚の佃煮定食」(800円)
*「焼魚定食」(800円)
*「フライ定食」(800円)
*「生マグロ鉄火丼定食」(900円)
*「煮魚定食」(1000円)
*「銚子港産刺身定食」(1000円)
*「天婦羅定食」(1200円)
*「銚子産寿司」(1200円)
*「金目鯛煮付け定食」(1500円)


 充実してるよね。私は懐具合と相談して(笑)、「鯵刺と秋刀魚の佃煮定食」を注文した。

鯵刺と秋刀魚の佃煮定食

 これが「鯵刺と秋刀魚の佃煮定食」。ご飯と味噌汁、それから茶碗蒸しのフタを取ると……。

フタを開けると…

 うーん、豪華。例によって、このお店の場合、ご飯のフタを取ると、お新香の入った器が重なっていて、その下にご飯がある。「磯久亭」時代からこの器なんだけど、こういうちょっとした仕掛けがあるとうれしくなってしまう。

 ご飯と味噌汁、アジの刺身にサンマの佃煮、サラダにお新香。何とも豪華だねぇ。

アジの刺身

 アジの刺身は身がプリップリ。

秋刀魚の佃煮

 こちらはサンマの佃煮。「佃煮」と言うからには骨まで食べられるよう、煮込んであるんだよなぁ……と半信半疑でガブリ。
 おおっ、思った通り、しっとりと柔らかく骨まで食べられる。旨いなぁ。

 ご飯とおかずを食べ終えたあと、最後にデザート的に茶碗蒸しをいただく。ちゃんと銀杏が入っており、これを食べ終えると、ちょうどいい腹具合。これぐらいの腹具合だと、眠くならず、すぐに仕事に取り掛かれるんだよね。
 ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市本町2-16-1-2階
電話:042-397-9955
営業時間:午前11時半~午後2時/午後5時~深夜0時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告