東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

旨いツマミは楽しい時間を加速させる

 辛い仕事が終わった後は、友人と旨いツマミを食べながら飲みたくなる。仕事が辛ければ辛いほど、その気持ちが強くなる。
 先日がそうだった。仕事上、どうにも辛く腹立たしいことがあったので、友人を誘って飲むことにした。行ったのは、東村山駅西口にある地鶏の旨い居酒屋「一期一会」。お店に入るのは、実に4年ぶりだ。

まずはビールで乾杯 お通しは小松菜のおひたし

 まずは瓶ビールで乾杯。最近は生ビールでグビッ、プハーッとするより、瓶ビールでチビチビ飲む方が好きなんだよね。お通しは小松菜のおひたし。

牛すじ肉と下仁田ねぎのにんにく炒め

 最初に頼んだのは、友人のリクエストで「牛すじ肉と下仁田ねぎのにんにく炒め」(650円)。こってりしているように見えるけど、そんなしつこい味じゃない。すき焼きの味に近いかも。たぶん、すき焼きみたいに溶き玉子に付けて食べると旨いだろうなぁ。

地鶏の塩焼き

 これは私の頼んだ「地鶏の塩焼き」(1000円)。やはりこのお店に来たら、地鶏は食べないとね。
 うんうん、この歯応え、この味、旨いなぁ。この旨さに合うお酒はビールじゃないよなぁ。

焼酎のお湯割りに変更

 ということで、焼酎のお湯割りに変更。徳利に焼酎を入れて出してくれるから、自分好みのお湯割りにできる。これはうれしいなぁ。

小あじ南ばんづけ

 これは「小あじ南ばんづけ」(300円)。このお店は地鶏だけじゃなく、魚料理も旨いんだよね。

地鶏のつみれ鍋

 温かいモノが食べたいということで頼んだのがコレ。「地鶏のつみれ鍋」(850円)。つみれは生姜が効いていて、食べると体がホカホカしてくる。そこに焼酎のお湯割りを流し込むモノだから、もう体はポッカポカ。

あんこう肝ぽん酢

 濃厚な「あんこう肝ぽん酢」(550円)を食べる頃には、もうすっかり仕事での嫌なことはキレイさっぱり消えてしまい、友人との会話が楽しくて、お酒がドンドン進んでしまう。

殻付ぎんなん

「殻付ぎんなん」(350円)を食べながら話していると、いつの間にかラストオーダーの時間に。辛い時間は長く感じるけど、楽しい時間はアッと言う間だ。でもお陰で元気が出てきたよ。
 旨い料理をつくってくれたお店のご主人にも感謝だけど、今回は付き合ってくれた友人にも感謝だね。ありがとう。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-23-16
電話:042-395-6695
営業時間:午後5時半~11時(ラストオーダーは午後10時30分)
定休日:日曜・祝日





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR