東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

個人的に絶品と思うスンドゥブチゲ

「さて、今日はどこでランチを食べようかな」と久米川駅南口を歩いていた私。途中で「おや?」と立ち止まった。
 スーパー「おおた」の入っている建物の2階にはタイ料理店「サワディー」と焼き肉店「明月館」があり、建物の階段入り口には2店のランチメニューの看板が置いてある。そのうちの「明月館」のランチメニューが変わっているのだ。

おや、ランチメニューが変わってる

 どういう内容かというと……。

*ビビンバ(500円)
*クッパ(500円)
*プルコギ丼(680円)
*スンドゥブチゲ(880円)
*石焼きビビンバ(880円)
*カルビめん(930円)
*焼肉ランチ(980円)


 凄いなぁ、1コインランチがあるよ。でもこの中で私が気になったのは「プルコギ丼」と「スンドゥブチゲ」だ。どちらもこれまでなかったメニューだと思う。
「これは食べてみなきゃ」と思い、お店に入った私。迷った末に「スンドゥブチゲ」を注文した。

スンドゥブチゲ

 これがランチの「スンドゥブチゲ」。ご飯とキムチが付く。

旨そうなビジュアルだと思いません?

 私がこれまで食べてきたスンドゥブチゲは、どれもスープが見るからに辛そうな赤色だったのだが、これはちょっと違う。コムタンスープのような白っぽいスープの上にラー油と焦がしネギがかかっている。
 少しかき混ぜてからひと口スープを飲んでみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 このスープはメチャメチャ好みだよ。激辛好きの人には物足りない辛さだと思うけど、私にはちょうどいい旨辛さだ。

玉子を発見

 スプーンで底を探ると……あった、あった。玉子ちゃん。ちょっと写真を撮るのに手間取ってしまったせいか、黄身がもう固まりつつある。ちょっと失敗したなぁ。トロ~ッとした黄身がスープに混ざると、また美味しい変化をするんだよね。

 スプーンで探ってみて驚いたのは、普通のスンドゥブチゲに入っているアサリがないこと。その代わりと言っては何だが、豆腐とともに豚肉がたっぷり、本当にたっぷりと入っている。

ご飯をIN!

 ある程度、スンドゥブチゲを食べたら、ご飯をIN! かき混ぜて食べると……。

超旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは私が今まで食べたスンドゥブチゲの中では1番旨いと思うなぁ。
 食べ終えると、薄っすらと額に汗がにじみ、体はポッカポカ。いやいや、これは超オススメだよ。特に以前、韓国ランチブログを書いていたマサトには食べてもらいたいなぁ。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-21-8-2階
電話:042-394-4053
営業時間:午前11時30分~深夜0時(ランチは平日のみで午後3時まで。日曜・祝日は午後11時までの営業)
定休日:火曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
『王朝秘伝』宋家の冷麺
かねふくの辛子明太子





関連記事
[ 2012/04/14 07:28 ] 【焼き肉】 明月館(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR