東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

義父が愛した焼き鳥

 カミさんのお父さん(要するに義父ですな)は焼き鳥好きなのだが、昔よく食べに行ってたのが、今回紹介する「小千谷」だという。

看板には「大衆割烹」とあるのだが、どう見ても居酒屋という感じ。さらに提灯や看板に「ラーメン」とか「そば」の文字が見える。食事の方も充実しているから「大衆割烹」なのだろうか?
 場所は久米川駅北口を出て左に歩き、交番のある交差点をそのまま真っ直ぐ突っ切って、パチンコ屋を過ぎてすぐ左手にある。



 まずは飲み物をと、メニューを見る。おっ、ホッピーがあるではないか。迷わずホッピーを注文。しかし出てきたモノを見てちょっとガッカリ。ジョッキにすでに焼酎と割ってあるホッピーが出てきたのだ。例のホッピーの瓶はナシ。つまり「中だけお代わり」ができない。でも、よく見ると、ジョッキの中には氷が入ってなく、純粋に焼酎とホッピーだけ。量的にはかなりのモノだから、これはこれでお得なのかも。

 焼き鳥を頼み、すぐに出てきそうなおつまみとして「牛すじ煮込み」(420円)を注文。この「牛すじ煮込み」がウマかった。



 私はおでんの牛すじが好きなのだが、その串が5本ぐらい入ったような分量で、上にネギが乗り、器の縁にはカラシが付いている。味はまさにおでんの牛すじ。いや、ちょっと濃い目の味付けかな。脂の部分なんかトロトロで甘く、(こりゃ太るなぁ)と思うものの、やめられない止まらない。そうこうするうちに焼き鳥が到着。



 若鳥、皮、白、レバー、カシラ、タンを2本ずつ、すべてタレにしてみた。前にも書いたけど、私は塩よりタレの方が好きなんですよ。タレそのものはサラッとしているけど、甘い。私の好きな味だ。サラサラしすぎてそれほど焼き鳥と絡んでいないので、これなら塩派の人でもイケるんじゃないかな。

私はたっぷりタレが付いている方が好きだから、串から外して、箸で皿の中央にたまったタレをたっぷり付けてから食べた。焼き鳥好きとしては邪道な食べ方だが、タレ好きなのだから仕方がない。串につけたままだとうまくタレに付けられないのだ。

 若鳥はイマイチの感じがしたが、シロとカワ、そしてカシラは美味しかった。(そうか、お義父さんはこういう焼き鳥が好きなんだ)と思いながら1人でニコニコしてたから、お店の人はきっと気持ち悪かっただろうな。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと






関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告