東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

夏の終わりのオヤジーズ

夕暮れ時の爽やかな空

 暑さも少し和らぎ、空もスッカリ秋模様となった爽やかな土曜の夕暮れ時。私はコンビニで買った「ウコンの力」をコキュッと飲んで、待ち合わせ場所である久米川駅南口の売店前に向かった。そこには爽やかな夕暮れ時に相応しくない面々が……。
 そう、この日はオヤジーズ・オフなのだ。
「じゃ、行きますか」とオヤジーズ6人が向かったのはこちら。

リニューアルした「小千谷」

 9月1日にリニューアルオープンしたばかりの「小千谷」だ。行ったのはリニューアルオープン2日目だから、まだ表には花輪がたくさん置かれている。黒を基調とした外観はシックでなかなかオシャレ。オヤジーズに相応しいではないですか(!?)。別に「おぢや」と「おやじ」の語感が似ているからココに決めたワケじゃないからね。念のため。
 午後6時ちょっと過ぎにお店に入ったのだが、店内はもう満席状態。予約しておいてよかったよ。

振る舞いの樽酒

 オープン記念ということで、ナント樽酒が振る舞われた。うれしいサプライズだけど、ここ10年くらい、私は日本酒からスタートしたことがないので、ちょっと不安……。でも飲み始めると、テンションはいきなりトップギア。
 さぁ、ツマミをジャンジャン頼んじゃおうぜ!

豚もつ煮込み

 まずは定番の「豚もつ煮込み」(370円)。このお店の煮込み系は間違いない味だ。ちゃんと歯応えのある柔らかさで旨い。

牛すじ煮込み

 さらに旨いのが、この「牛すじ煮込み」(420円)。1人でこれだけを食べると、しつこく感じるのだが、大勢で3~4切れをつまむ程度なら美味しく食べられる。もっとも、若い人間ならこれくらいペロリと全部、美味しく食べちゃうんだろうけどね。オヤジーズには“こってりが苦手”というハンデがあるのさ。

どじょう唐揚げ 茄子の揚げだし

 続いては……おいおい、誰がこんなモノを頼んだんだよ。左の写真は「どじょう唐揚げ」(630円)。まあ、旨いからいいんだけどね。でもちょいと高いかな。
 そして右の写真は「茄子の揚げだし」(370円)。こちらは値段相応の旨さ。

 と、ここで「ねぇ、マサさん。このお店、生肉ないの?」と不満の声を上げるオヤジーズ。確かにメニューには載っていない。しかしこのお店、レバ刺しと馬刺しがあったハズ……。店員さんを呼んで注文すると、あっけなくオーダーが通った。なぁんだ、あるんじゃん。

レバ刺し

 で、まずは「レバ刺し」の登場。メニューに書いてないので、値段はわかりません。ゴマ油と塩ではなく、ニンニク醤油でいただく。うーん、旨いねぇ。久々にニンニク醤油で食べたせいもあると思うが、旨かった。

馬刺し

 続いて来ました、来ました、「馬刺し」ちゃん。うずらの玉子も一緒だ。

馬刺しのアップ

 なかなかいいサシが入ってるじゃないですか。私はうずらの玉子を使わず、これもニンニク醤油でパクッ。生肉って旨いねぇ。私は樽酒からすでにホッピーに切り替えていたのだが、ホッピーが進む、進む。

本まぐろ赤身 天ぷら盛り合わせ

 オヤジーズ全員が生肉好きというワケではない。生肉が苦手な人は「本まぐろ赤身」(840円)や「天ぷら盛り合わせ」(840円)を頼んで食べながら、クイクイ飲んでいる。

 じゃあ、そろそろ焼き物、いっちゃいますか。

つくね 豚串焼

 というワケで、まずは「つくね」(1本150円)と「豚串焼」(1本200円)。

カシラなど

 後から後からやってくる、くる。これは左から「カシラ」と「テッポウ」と「皮」(それぞれ1本110円)。

皮など?

 これ何だっけ? すでに酔っ払いモードになりつつ撮影したから、何が何だかわからない。「皮」だっけ?

コブクロとシロ

 さらにまたやって来た。これは左が「コブクロ」で右が「シロ」(それぞれ1本110円)じゃないかなぁ。よくわかんないけど、どれも旨かったよ。

締めはへぎそば

 でもって「小千谷」といえば、〆はやはり「へぎそば」。私たちは5人前である「5人へぎ」(2650円)を頼んだ。
 ちょっと麺を茹で過ぎてる感じで、コシがなく柔らかいけど、まあ、酔っ払いにはこれくらいでちょうどいいかな。

 リニューアルしたばかりでお客さんが多いせいか、呼んでも店員さんがすぐに注文を取りに来なかったり、注文したモノがなかなか出なかったりしたのが、ちょっと残念。あと、以前より音がこもりやすくなったかも。1人隔てた相手の声が聞きづらかったからね。
 でもこれは、リニューアルしたばかりだからこその不具合であり、しばらくすると改善されるんじゃないかな。ゆっくり飲みたいという人は、リニューアル記念で沸くお店がもう少し落ち着いてから行ってみるといいかもしれない。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-1-18
電話:042-394-4000




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
焼酎飲み比べお試しセット
・鹿児島の本格焼酎買うならココ!焼酎どっとねっと









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告