東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

生姜尽くしでポッカポカ

 2カ月ほど前の、ある寒い夜のこと。バーボンでも飲んで、体を中から温めようと思った私は、友人とともに久米川駅南口のダイニングバー「星の都」へ行った。

 お店に入って、カウンター席に座ると……おや? 梅酒づくりでおなじみの容器が3つも置いてあるではないか。どうやらマスターは自家製リキュールも始めたらしい。

パイナップルのリキュール

 これはパイナップルのリキュール。

こちらはキウイ

 こちらはキウイフルーツ。この時はまだ飲み頃ではないということだった。

中身はナント生姜

 そしてコレ、何だと思いますか? 入っているのは生姜なんですよ。
「温まりますよ」とマスターが言うので、いただいてみることにした。

ホットでいただく

 そのままロックで出るのかと思ったら、ナント、ホットスタイルで出て来た。しかも表面には細切りされた生姜が浮かんでいる。
 うーん、生姜の香りがいいねぇ。では、いただいてみますか……ふぅ~、温まるなぁ。これはいいね。

 と、そこへ「生姜でこんなモノもつくってみたんですよ」とマスター。

マスターがこんなモノを出してきた

 出て来たのは……エエッ! 生姜の甘酢漬けじゃないの。こんなモノまでつくっちゃったの?

生姜の甘酢漬け

「どうぞ」と出された生姜の甘酢漬けをいただくと……旨いじゃないの。これも体が温まりそうでいいなぁ。

シャンディーガフと一緒にいただく

 生姜が続いたからというワケではないが、次に頼んだのは、ビールをジンジャーエールで割ったカクテル「シャンディーガフ」。
 生姜効果もあるけど、マスターとの話も楽しかったおかげで、身も心もポッカポカ。いやあ、ごちそうさまでした。マスター、ありがとね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


「星の都」は4月3日で6周年を迎えたという。何だか早いなぁ。マスター自身にもいろいろあって、閉店の危機もあったけど、マスターは強い気持ちで乗り越えてきた。マスターの頑張りを見ていると、私自身が「頑張らなきゃ」という気持ちにさせられる。
 いつも元気をくれるマスターには本当に感謝だ。これからも無理することなく、頑張ってください。
 6周年、おめでとうございます。




【DATA】
住所:東村山市栄町2-29-5
電話:042-391-8666
営業時間:午後7時~翌朝7時
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
・ウイスキーの購入ならサントリーオンラインショップ【E-liquor】
ワイン専門店 My Wine Club



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR