東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

魚がメインの定食屋

 定食屋というと、普通は稼ぎ時のランチタイムは必ず営業するモノなのだが、今回紹介する「ほや」はちょっと変わっている。午後3時からの営業なのだ。しかも定食のメインは魚。まあ、隣がとんかつなどの肉料理を中心とした定食屋の「とんとん」だから、ダブらなくていいと言えばいいのだが、それにしてもこの営業スタイルは変わっている。
 場所は久米川駅北口を出て左に進み、久米川通りを右折。新青梅街道を渡り、久米川通りを少し進むと左側に斜めに入る道がある。その道を20メートルほど進んだ左側にある。

「ほや」

 お店の前にはホワイトボードが置いてあり、定食のメニューが書いてある。それによると、一番高いのが「刺身定食」(1000円)で、続いて「うなぎ蒲焼定食」(950円)、「まぐろ漬丼」(750円)、「魚定食」(750円)となっている。最後の「魚定食」の内容は日替わりらしく、この日は「新さんま塩焼」「真がれい唐揚」「サバ塩焼」「銀むつカマみそ焼」の4つが書かれていた。どうやらこの中から選べるようになっているようだ。
 お店に入って、4つのうちのどれにしようか迷っていると、厨房にいる優しそうなおばちゃんが「サバの味噌煮が1つだけあるよ」とひと言。思わず「じゃあ、それをお願いします」と私は答えてしまった。
 定食にはメインのほかに小鉢が2品付くのだが、それはカウンターの上に乗った5つの大皿から選べるようになっている。私は酢の物と、ナスの味噌炒めをチョイスした。で、出て来たのがコレ。

サバ味噌煮定食

 ご飯と味噌汁、香の物が付いてなかなかのボリュームだ。サバの味噌煮は1切れだけだろうと思っていたのに、2切れもお皿に乗っている。しかも大きい。

サバ味噌煮

 これは見るからに食べ応えあるよね。では、いただきま~す。サバの味噌煮は柔らかくて旨い。私好みのやや甘めの味噌で、ご飯が進む。小鉢も家庭で食べる“おふくろの味”という感じで旨い。1人暮らしの人で、「今晩は魚が食べたいなぁ」なんて思うことがあれば、このお店に行ってみてはどうだろうか。家庭的な魚料理が食べらるよ。


【DATA】
住所:東村山市栄町1-27-47
電話:042-392-5488
営業時間:午後3時~10時
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米






関連記事
[ 2005/08/24 08:18 ] 【とんかつ・定食】 ほや(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告