東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ゴージャスなとんかつ

 年に数回なんだけど、無性にとんかつが食べたくなることがある。生姜焼きでもなく、ポークソテーでもなく、カツ丼でもなく、豚しゃぶでもなく、「とんかつ」限定で食べたくなることが私にはある。
 で、先日、その「年に数回」が来ちゃったんですよね。「さて、どこで食べよう」と考えた末、私が向かったのは、久米川駅南口のとんかつ屋「かつ一」
 というのも、このお店にはガッツリと食べられるとんかつメニューがあるからだ。その名も

「金かつ定食」

 普通のとんかつ屋さんなら、「ロースかつ定食」というモノがあって、その上に「上ロースかつ定食」とか「特ロースかつ定食」とかあるんだけど、このお店は違う。「ロースかつ定食」の上にあるのは、「銀かつ定食」と「金かつ定食」なのだ。もちろん、「銀かつ定食」より「銀かつ定食」の方が高い。
 値段で言うと、「ロースかつ定食」が1150円、「銀かつ定食」が1650円、「金かつ定食」が2150円となっている。
 肉質の違いもあるだろうが、一番の違いは量だ。「ロースかつ定食」が150グラム、「銀かつ定食」が250グラム、そして「金かつ定食」が350グラムなのだ。
 武蔵野うどんの350グラムだったら5分とかからずペロリと食べられて物足りないけど、とんかつの350グラムはズシッとお腹に来ますよ。

 以前にも「金かつ定食」を食べたことはあるんだけど、記憶をたどると3年前だった。40代も半ばを過ぎた今、果たして食べられるだろうか……少し不安を抱きつつも、私はカウンターに座り、「金かつ定食」を注文した。

これが「金かつ定食」

 来た、来た、来たーッ! これが「金かつ定食」ですよ。とんかつのデカさ、わかりますか。コロモの色も旨そうじゃないですか。
 このとんかつにご飯と豚汁(これは赤だしやシジミ汁に変更することもできる)、小鉢に香の物という構成。いやあ、贅沢。まさにゴージャス。

この分厚さ、たまんないねぇ

 とんかつは大きいだけじゃないんですよ。ホラ、この分厚さ。たまんないねぇ。
 では、いただきますか。確かこのお店のとんかつ、塩で食べると旨かったんだよなぁ……と以前の記憶を掘り起こしつつ、私はとんかつの断面の肉部分に塩を振ってパクッ!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 心なしか、以前よりコロモが柔らかくなった気がするけど、以前はサクッと感を超えたカリッと感だったから、「柔らかくなった」と言っても、サクッとしている。コロモがまた旨いんだ。

 途中、ソースでも食べてみる。コロモではなく肉の断面にかけてパクッ!

これも旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 とんかつ1切れ1切れをいろんな食べ方で味わいつつ、ご飯を食べ、小鉢を突付き、豚汁をすする。時折、香の物を食べて舌をリセットさせてから、またとんかつをパクッ!

しは(´ヘ`;)わせ!!

 ステーキよりとんかつの方が幸せ感があるように私は思うんだけど、それって私だけだろうか?

デザートのパイナップル

 食後には小さなパイナップルがデザートとして出され、これをひと口でパックンと食べて終了。いやあ、旨かった。値段は張るけど、幸せな食事だったよ。ごちそうさまでした。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-30-32
電話:042-391-3042
営業時間:午前11時半~午後9時半
定休日:月曜





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告