東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

思わぬ場所で赤焼そばを発見

 私は仕事の関係上、よく市役所に行くのだが、先日、受付の前をスッと通り過ぎて「おや?」とあるモノに気付いた。

 そこには東村山市役所の地下1階にある職員食堂「レパスト」の案内看板が置いてあるのだが、よく見ると……。

1階受付近くにこんなポスターを発見

 エエッ、地下の売店で「炎の赤焼そばソース」を販売してるの? いやあ、知らなかったなぁ。ちょっと見に行ってみるか。

地下の売店には「炎の赤焼そばソース」が売られていた

 おおっ! 確かにあるよ。「東村山黒焼そばソース」とともに「炎の赤焼そばソース」が置いてある。
 ということはだ、これって「レパスト」でも食べられるってことかも……そう思って食堂の入り口近くを見回すと……。

どうやら食堂でも食べられるらしい

 やはりありましたか。
 いやあ、それにしても全く気付かなかったなぁ。こんな所で赤焼そばが食べられるなんて、思いもつかなかったよ。
 ではでは、せっかくだから食べてみますか。

 私は「赤焼そば大盛」(600円)を注文した。

これが赤焼そばの大盛り

 これが「赤焼そば大盛」。メインの赤焼そばのほかに小鉢と味噌汁が付く。

ボリュームたっぷりだ

 黒焼そばの時もそうだったけど、大盛りはかなりのボリュームだ。
 でも、黒焼そばと違って、赤焼そばは見た目からして食欲をそそるねぇ。

 では、いただきま~す……おおおっ! こいつは辛いねぇ。「ぼん天」で食べた赤焼そばとは辛さが全く違う。結構、口の周りがヒリヒリする。だけどソース自体、なかなか旨いから一気に食べきってしまった。

 赤焼そばを2つのお店で食べてみた感想は、「個人的には黒焼そばの方が好き」ってことかな。でも辛いのが好きな人には、この「レパスト」の「赤焼そば」はガツンとくる辛さでいいと思うよ。



【DATA】
住所:東村山市本町1-2-3 地下1階
営業時間:午前11時~午後2時
定休日:土・日曜
ホームページはこちら





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
極上のぬか漬けが簡単に作れます!
安全で美味しい産地直送のお米





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR