東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

驚きの新商品とうれしい新商品

 突然、「黒胡椒せんべい」が食べたくなった私。今ではスーパーでもコンビニでも、黒胡椒が効いた煎餅は売っているけど、やはり私にとって「黒胡椒せんべい」と言えば、久米川駅南口のウイング通りにある「おせんべえやさん本舗 久米川店」の「黒胡椒せん」(262円)なんだよね。
 ということで、早速お店に行ってみると……。

定番の「黒胡椒せん」の隣に…

 エエッ! 「黒胡椒せん」の隣にある商品を見て、私はのけ反ってしまった。
 ナント、「上品に辛さひかえめ黒胡椒せん」(262円)なるモノが新商品として「黒胡椒せん」の右隣に積んであるのだ。
 すぐに店員さんが、「試食をどうぞ」と、「上品に辛さひかえめ黒胡椒せん」をひとカケラ差し出してくれた。食べてみると、久しぶりに食べるせいか、いつもの「黒胡椒せん」と変わらない感じがする。
「こちらが今までのモノです」と店員さんが「黒胡椒せん」のひとカケラをくれたので食べてみると……あっ、確かにこっちの方が辛いや。
 へぇ、面白いなぁ。「黒胡椒せん」のマイルド版が出るとはねぇ。あとでホームページを見ると、この「上品に辛さひかえめ黒胡椒せん」はお客さんの要望から生まれたモノで、今年の夏から発売しているのだとか。知らなかったなぁ。

 せっかくだから、この2つを買おうと思い、レジに向かうと……。

レジ前にはあの幻の煎餅が…

 エエッ! 「お徳用 一口ぬれせん」(315円)が山積みになってるよ!
 これは以前、「幻の煎餅?」という記事で紹介したモノだけど、今回は表に商品名を書いた紙が張ってあり、完全に商品化されている。もう“幻の煎餅”ではなく、いつでも買えるようになったんだ。いやあ、これも知らなかったなぁ。
 当然ながら、この「お徳用 一口ぬれせん」もゲット。

 家に帰ると、早速2つの「黒胡椒せん」を開けてみた。

従来の「黒胡椒せん」と辛さひかえめの「黒胡椒せん」

 左が従来の「黒胡椒せん」で、右が辛さひかえめの「黒胡椒せん」。遠目でパッと見ると、どっちも同じに見える。

こちらが従来の「黒胡椒せん」

 これが従来の「黒胡椒せん」。

こちらが辛さひかえめの「黒胡椒せん」

 そしてこちらが辛さひかえめの「黒胡椒せん」。
 よ~く比較して見ると、確かに従来の「黒胡椒せん」の方が黒胡椒の粒が多い。
 でもね、「やめられない、止まらない」度はどっちも同じだよ(笑)。相変わらず危険な食べ物だ(笑)。

「一口ぬれせん」もバカ旨!

 こちらは「お徳用 一口ぬれせん」。シッカリと個装されたぬれせんは、濡れ部分がたっぷりで、少し味が濃い感じなのだが、この「お徳用 一口ぬれせん」は半乾きの加減がいい具合で、旨いんだよね。こっちも下手すると「やめられない、止まらない」状態になってしまう。いやいや、このぬれせんがいつでも買えるようになったなんて、うれしいなぁ。これもきっとお客さんの要望があったからなんだろうなぁ。
 まだ食べたことがない人は、これも超オススメだから食べてみて。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-39-1
電話:042-395-0599
営業時間:午前10時~午後7時
年中無休
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR