東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

お世話になったチェーン店

 貧乏だった学生時代、私の胃袋を支えてくれたのが、中華チェーン店の「餃子の王将」だ。もともと餃子が好きだったせいもあるけど、何かというと食べに行ってた気がする。
 そんなお世話になった「餃子の王将」が東村山市にもあるんですよね。それが今回紹介する「餃子の王将 秋津店」だ。

餃子の王将 秋津店

 場所は新秋津駅を出て正面に伸びる道をひたすら真っ直ぐ進み、所沢街道とぶつかる交差点の角にある。人気のパン屋「小麦工房 ラウンドハウス」の向かいだ。

 私は高田馬場や中野にある小さな「餃子の王将」しか行ったことがないから、こんなファミレスタイプの「餃子の王将」に入るのは初めて。「餃子の王将」自体、入るのが久々なので、何を食べようか迷ってしまったが、オススメっぽく紹介してあった「蟹あんかけ炒飯セット」(903円)に決定。
 本を読みながら待っていると、来ました、来ました。

蟹あんかけ炒飯セット

「あれ? 何か足りないぞ」と思っていたら、「餃子は後でお持ちします」と店員さん。あっ、そうか、餃子がなかったんだ。でも、蟹あんかけ炒飯に鶏の唐揚げ、スープという構成だけでも十分なボリュームだ。

蟹あんかけ炒飯

 メインの蟹あんかけ炒飯は、かかっているあんが少し薄味だけど、その分、炒飯にシッカリ味が付いているから、まずまずの旨さかな。

鶏の唐揚げ

 鶏の唐揚げは専用のタレに付けて食べるようになっている。味は普通だけど、1つ1つが大きいから食べ応えがある。

定番の餃子

 と、そこへ餃子が到着。そうそう、この餃子にお世話になったんだよなぁ。もっとも、私が食べまくっていた25年前は、小さな餃子が6個という構成ではなく、ジャンボ餃子4個という構成だった。当時は「餃子の王将」の餃子、すっごく旨く感じたんだよなぁ。

 今食べると……うーん、こんなもんなのだろうか。もっと旨かったような気がするんだけどなぁ。たまたまかもしれないから、また食べに来ようっと。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-7
電話:042-395-5951
営業時間:午前11時~深夜0時(月~土曜)
      午前11時~午後10時(日曜・祝日)
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR