東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

ある意味、これが正統派の五目焼きそば?

 たぶん私、“五目焼きそば評論家”になれるんじゃないだろうか。それくらい、いろんな種類の五目焼きそばを食べていると自負している。ハッキリ言って、もう自分の中ではどれが正統派で、どれが亜流かなんてサッパリわからなくなっている。ホント、東村山の五目焼きそばって、バリエーションあり過ぎだよ。

 先日、久米川駅南口の中華料理店「竜苑」の前を通った時のこと。
「そう言えば、このお店の五目焼きそば、食べたことがなかったよなぁ」……そう思った私は、お腹が空いていたこともあり、フラフラッとお店に入った。メニューを見ると、「五目焼きそば」の文字はあるが、その横にカッコ書きで(ソース味)と付いている。これで何となく、どんなモノが出てくるのか想像できたが、私は「五目焼きそば(ソース味)」(750円)を注文した。

五目焼きそば

 しばらくして出て来たのがコチラ。豚肉とキャベツ、ニンジン、モヤシ、ニラなどの野菜で炒めたソース焼きそばの上に、チャーシュー、ナルト、伊達巻、カマボコ、ウズラの玉子などが乗っている。
 考えてみれば、私がこのブログを始めるまで「正統派」と思っていた「表面を焼いた中華麺の上に、中華丼にかけるあんを乗せたモノ」は、お店によっては「五目あんかけ焼きそば」とも呼ばれている。だとすれば、このお店のように普通のソース焼きそばの上に「五目」を乗せるモノこそ、正統派の「五目焼きそば」と言えるかもしれない。

麺のアップ

 まあ、そんなことを考えつつ、麺をかき込んでいく。細くて柔らかい麺はソースがよく絡んでいて旨い。しかも見た目以上にボリュームたっぷり。このお店ってホント、盛りがいいよなぁ。

 それにしても、どうして「五目焼きそば」ってこんなにいろんな種類があるんだろう? 誰か知っている人がいたら教えて欲しいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市栄町2-7-28
電話:042-395-1446
営業時間:午前11時半~午後9時半
定休日:月曜
お店について詳しくはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





関連記事
[ 2007/07/22 17:52 ] 【閉店したお店】 竜苑(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告