東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

飲む麻婆豆腐

 タイトルを見て「エエッ!?」と思った人もいると思う。自分でも「この表現は大げさだなぁ」と思うのだが、インパクトは相当大きかった。まあ、読んでみてくださいな。


 夏だというのに麻婆豆腐のマイブームが続いている私。「今日はどこの麻婆豆腐を食べようかなぁ」と考えた末、八坂の中華料理店「宝来屋」に行くことに。
 私は「マーボー豆腐」(600円)とライス(150円)、そして「餃子」(300円)を注文した。

マーボー豆腐とライス

 しばらくして来ました、来ました。一品料理にライスを付けると、スープと漬け物が付くらしい。
「こりゃうれしいや」と思いつつ、改めてお盆の上に並んだ料理を見て、「おや?」と違和感を抱いた。わかりますか?

 そう、スープの器より麻婆豆腐の入った器の方が高さがあるのだ。普通、麻婆豆腐ってお皿で出てくるパターンが多いんだけど、この器ってちょっと深さがあるんじゃないの?
 気になった私は、器を横から見てみた……エッ、これって中華丼とかに使う器じゃん。ということは、この麻婆豆腐、相当な量だ。

マーボー豆腐のアップ

 麻婆豆腐そのものは山椒の香りもせず、極めて普通の色。違いがあるとすれば「ちょっと挽き肉が多いかな」という程度だ。でも食べてビックリ。
 とろみはあるにはあるけど、まるで玉子スープのようにスルッと食べられる、というか飲めちゃう。いや、これはスープですよ。
 麻婆豆腐としては辛さにやや欠けるけど、スープと考えれば、この味はとってもいい! クイクイ飲めちゃう。しかもちゃんとご飯のおかずにもなる。これは麻婆豆腐のニュータイプだね。私は気に入ったよ。

餃子

 餃子は小ぶりだけど、皮がモチッとしていて旨い。餃子チェーン店には値段的に負けるけど、この味で6個300円はお得だと思うなぁ。

 いやあ、それにしてもこの“飲む麻婆豆腐”、私の中ではインパクトがデカかったなぁ。ホント、ひと口に「麻婆豆腐」と言っても、いろいろあるもんだよ。


【DATA】
住所:東村山市美住町1-6-31
電話:042-391-1579




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





関連記事
[ 2007/08/11 17:47 ] 【中華料理】 宝来屋(美住町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告