東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

冷やし中華のニュータイプ

「今年は苦手意識を克服するんだ!」と醤油ダレの冷やし中華を食べる決意をした私だが、その割には食べていない。
「こんなことじゃあ、いかん。今日こそは食べよう」と思った私は、秋津での用事の帰りに中華料理店「ぼん天」へ。でも、このお店に寄ったのは、別のメニューに惹かれたからなんだよね。
 お店の表にタレ幕があり、そこに「冷し中華」(680円)とあったんだけど、その下に「冷し担担麺」(680円)というメニューが……そう、これに惹かれちゃったんだよねぇ。

 で、中に入り、改めてメニューを見ると……おや、こんなのもあるの?
 さらに私を魅了するメニューがそこにはあった。それは……。

「冷し麻辣麺」(680円)

 メニューの下には「花山椒の痺れる辛さ『麻』と唐辛子の辛さ『辣』がクセになる!!」という解説まである。
「好みで言えば、絶対こっちだね」……そう思った私は、「冷し麻辣麺」を注文した。

冷し麻辣麺

 しばらくして運ばれて来たのがコレ。彩りもいいし、見るからに具だくさんだ。
 キュウリにチャーシュー、それからメンマも細切りされている。ピーマンも緑と赤が細切りされ、さらには茹でキャペツも乗っている。

麺のアップ

 麺は細い縮れ麺。食べると、それほど辛くない。花山椒も「そう言われれば入ってるかなぁ」という程度しか感じない。でも具がたっぷりで、食べ応えは十分。特に茹でキャベツは麺と一緒に食べると旨い。ワシワシと食べて、すぐに完食。

 今度来る時はたぶん「冷し担担麺」を食べると思うから、「冷し中華」を食べるのは次の次か。でもその時はたぶん、期間限定メニューだから消えているだろうなぁ。醤油ダレの冷やし中華を避けているつもりはないんだけど、苦手意識を克服するのはやっぱりむずかしいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」





関連記事
[ 2007/08/12 17:07 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告