東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

カキたっぷりの料理

 カキが大好きな私。でも今シーズンはそんなにカキを食べていない気がする。特にカキフライは食べてないなぁ……と思った瞬間に思い出したのが、東村山駅東口の中華料理店「重慶」にあった「カキ料理」と題したメニュー。

*カキのチリソース(1000円)
*カキの衣揚げ(1000円)
*カキ入り豆腐(700円)
*カキ入り雑炊(800円)
*カキの豆鼓(とうち)ソース(900円)
*カキ入り味噌ラーメン(850円)
*カキとキャベツの味噌いため(800円)


 これなんだけど、「カキの衣揚げ」って、ちょっと気になるでしょ? 前回、「カキとキャベツの味噌いため」を食べた時、帰り際に「『カキの衣揚げ』ってカキフライとは違うんですか?」とご主人に聞いたら、「うん、違うよ。カキのフリッターって感じかな」という返事で、ますます気になっていたんだよね。

 ということで、私はお店に行き、「カキの衣揚げ」とライスを注文した。

「カキの衣揚げ」とライス

 来た、来た! これが「カキの衣揚げ」だ。ライスとスープ、沢庵が付いて1200円ナリ。

これが「カキの衣揚げ」

 なるほど、これが「カキの衣揚げ」か。確かに天ぷらよりコロモがふわっとしていて柔らかそうだ。
 それにしてもかなりのボリュームじゃないかなぁ。何個入っているんだろう? 1、2、3……エエッ、9個もあるよ! 普通、カキフライだと多いお店でも6個ぐらいだからね。これってすごい量だと思うなぁ。

 しかしコレ、どうやって食べるんだろうか? ご主人に聞くと、

「味が付いているから、まずはそのまま食べてみて。好みでレモンを搾ってみて」

とのこと。へぇ、味が付いているんだ。では、まずは何も付けずにいただいてみますか……おおっ、見た目通りコロモは柔らかくて、確かにちょっと味が付いている。それに閉じ込められていたカキのエキスが混ざって旨い。
 レモンを少し搾ると、サッパリした味わいになって、これもいいなぁ。
 旨い、旨いと味わいつつ食べていると、ご主人が小皿を差し出した。

カラシと醤油で食べると、抜群の味に

 小皿にはカラシが添えられていて、「これと醤油で食べると、ご飯に合うと思うよ」とご主人。言われるままに、小皿に醤油を入れ、カキの衣揚げを1個取って、醤油とカラシを付けて食べてみると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、コレはいい! 旨いなぁ。ご主人の言う通り、ご飯が進むよ。
 9個も入っているから、食べ終えると「カキ食ったぁ」という満足感でいっぱい。
 カキのシーズンが終わらないうちに、今度は「カキ入り雑炊」か「カキ入り豆腐」を食べに行こう。楽しみ、楽しみ。



【DATA】
住所:東村山市本町2-15-3
電話:042-395-5632
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2011/01/07 17:15 ] 【中華料理】 重慶(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR