東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

全国的に五目焼きそばといえば…

 このブログを長年ご愛読してくださっている方なら、私の「五目焼きそば好き」をご存知だと思う。取材に行った大抵の中華料理店で、私は五目焼きそばを注文している。そしてその都度、衝撃を受けている。というのも、自分が抱いていた「五目焼きそば」のイメージを打ち砕く、いろんなタイプの五目焼きそばが、ここ東村山市には存在するからだ。

 今ではもうどんなタイプの五目焼きそばが出てきても、それほど驚かなくなった私だが、先日ふと、こんなことを思ったんですよ。

 全国的には「五目焼きそば」って、どういうイメージの食べ物なんだろう?

 私が東村山市に移り住んで、このブログを書き始めるまでに抱いていた「五目焼きそば」のイメージは、麺の表面をカリッと軽く焦げるほど焼き、その上に中華丼に乗せる具材たっぷりのあんをかけたモノだ。しかし、このイメージ、果たして全国的なモノなのだろうか? ひょっとしたら私の抱いているイメージの方がマイナーかもしれない。

 そう思った私は、全国にチェーン展開している中華ファミレス「バーミヤン」の秋津店へ行ってみた。このお店で出す五目焼きそばは、全国共通のイメージのモノだろう。
 というワケで早速、「五目焼そば」(724円)を注文。サイドメニューとして「プリプリ海老の焼餃子」(346円)も頼んでみた。

 まず最初に来たのは、「五目焼そば」。

五目焼そば

 ほらほら、やっぱりコレでしょ。白菜、ニンジン、キクラゲなどの野菜にエビやイカの魚介類、そして豚肉、一番上にうずらの玉子……それらが醤油ベースのあんに絡まっている。まさに中華丼のあんだ。
 では、麺は……。

麺には焼いた焦げ目が…

 来た来たーーッ! コレですよ、コレコレ。表面をカリッと焼いた中華麺。この麺はちょっと細めだけど、焦げ目が軽くつくほど焼いた麺の上に中華丼のあんをかける……やはり私の抱いていたイメージが、標準スタイルだったんだ。ちょっとホッとしたよ。

 それではいただきますか。うんうん、この味だよ。麺が細いのがちょっと気になるけど、具だくさんで味付も私好みの甘辛さ。カラシを少し付けながら食べると、さらに旨さがアップ。

プリプリ海老の焼餃子

 と、ここでサイドどして頼んだ「プリプリ海老の焼餃子」が到着。添えられているタレに付けて食べると……ピリ辛&サッパリのタレにプリプリのエビ、なかなかいいじゃないの。でも個人的には、普通に醤油を付けて食べる方が旨く感じたかな。


 五目焼きそばの全国的なイメージが再認識できてよかったけど、不思議なことに東村山市の中華料理業界においては、この手の五目焼きそばはマイナーなんだよね。どうして東村山市にはいろんなタイプの五目焼きそばがあるんだろうか?
 これって他の街でもそうなのかなぁ? 何か東村山市独自のような気がして仕方ないんだけど。
 事情を知っている人がいたら、教えて欲しいなぁ。


【DATA】
住所:東村山市秋津町2-13-1
電話:042-390-7001
営業時間:午前10時~深夜2時
駐車場あり
ホームページはこちら




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告