東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

4種の焼きそばをついに制覇

 以前にも書いたが、東村山市の中華料理店の中には、メニューに4種類の焼きそばを揃えているところが結構ある。その4種類とは、次の通り。

「硬い焼きそば」
「軟らかい焼きそば」
「ソース焼きそば」
「五目焼きそば」


「ソース焼きそば」というのが、私たちが普通に「焼きそば」という言葉からパッと連想するモノだ。じゃあ、「硬い焼きそば」って何? 「軟らかい焼きそば」って何なの?……とまあ、思いますよね。
 ということで、久米川駅北口の中華料理店「昭和軒」で私は、3種類の焼きそばをこれまでに食べてきた。残すは「軟らかい焼きそば」のみ。

 てなワケで、先日、お店に行って「軟かい焼そば」(450円)を注文してみた。

軟かい焼そば

 やはりそうか。前回、「硬い焼そば」を食べた時、たぶん「軟かい焼そば」は塩コショウで炒めた軟らかい麺の上に、野菜たっぷりの塩味あんがかかっているんじゃないかと想像していたのだが、その通りだった。

「軟かい焼そば」のアップ

 それにしてもこのボリューム! これで450円なんて超お得だよ。

麺のアップ

 麺の量も多いし、正直な話、大盛りにしなくてよかったと心から思ったよ。
 この日は朝食を食べてなくて、相当お腹が減った状態でお店に行ったんだけど、食べ終えると、お腹パンパン。間違いなく腹八分目を超えていた。

 ちなみにということで、このお店の残り3種類の焼きそばを紹介すると……。

五目焼そば


 これが「五目焼そば」。今思えば、「軟かい焼そば」に伊達巻とチャーシューが乗っているだけのような……。

ソース焼そば

 これが「ソース焼そば」。この時は大盛りを頼んだから、こんな山盛り状態になっているんだよね。でも大盛りで500円だからね。このお店のコストパフォーマンスは最高だね。

硬い焼そば

 で、これが「硬い焼そば」。見た目は「軟かい焼そば」と変わらないけど、あんの下にある麺はカリカリに揚げられたモノだ。



 ふぅ~、これで4種類の焼きそばの謎が解けたぜ……と思ったものの、正確に言えば、「昭和軒」の4種類の焼きそばの謎が解けたに過ぎない。他の中華料理店に行くと、また独自の「軟らかい焼きそば」や「硬い焼きそば」があるかも。だって「五目焼きそば」があまりにもお店によって違いすぎるからね。

「焼きそば検証の旅」はまだまだ続く……ってところですかね。ふぅ~。


【DATA】
住所:東村山市本町4-2-3
電話:042-393-3689





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




関連記事
[ 2008/09/12 15:20 ] 【中華料理】 昭和軒(本町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR