東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

優しい甘さの芋ようかん

 久しぶりに青葉町方面へ散歩した私。別に目的があるワケでもなく、メタボ解消のための散歩なんだけど、歩いているといろいろと誘惑があって困るんだよね(笑)。
 最初は野火止通りを歩いていたから大丈夫だったんだけど、「帰りも同じ道は嫌だなぁ」と思い、バス通りに出たのが間違いだった。
 すぐに和菓子店「春一番」の看板を見つけ、「そう言えば久しく行ってないなぁ」と思ってしまった私。気がつくと、お店に入ってました(笑)。

芋ようかん

 まず目に入ったのは、「芋ようかん」(430円)。1本450円でも十分安いと思うのだが、この日はさらに20円安くなっていた。手に持つとズッシリ。サツマイモが詰まっているという感じだ。

薯蕷まんじゅう

 こちらは「薯蕷まんじゅう」(200円)。「じょうよまんじゅう」と読むらしい。「芋ようかん」の割安感とは対照的に、この小さな饅頭、1個200円もする。大好きな「レモンどらやき」より高い。

断面の見本

「薯蕷まんじゅう」には断面の見本が置いてあり、中には栗が丸ごと1個入っているらしい。だから1個200円なのか? 何となく割高に思えてしまうところが、逆に興味をそそる。

本日の購入品

 ということで、買ってきたのは「芋ようかん」1本と「薯蕷まんじゅう」2個。

まずは「薯蕷まんじゅう」から

 まずは気になる「薯蕷まんじゅう」からいただいてみますか。ほら、これくらいの大きさなんですよ。小さいでしょう。
「薯蕷まんじゅう」とは、皮をふっくらと膨らます膨張剤のかわりに、山芋を入れて皮の生地をつくったモノ。

栗が入っていてまさに季節のお菓子という感じ

 食べると、お店で見本として置いてあった断面と同じように、中には栗が丸ごと1個入っている。ふわっと柔らかい皮、甘さ控えめのこしあん、そして栗の自然な甘み……なるほど、これは旨い。1つ1つの素材にかかる手間を考えれば、200円は妥当な値段と言えるかもしれない。

中身が詰まっている

 お次は「芋ようかん」。食べやすく切ってお皿に置いてみたのだが、断面を見て改めてギッシリと中身が詰まっている感じがした。
 ではでは、いただきま~す……ん!

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 いやあ、これは旨いよ! 手に持った重みといい、断面の見た目といい、中身が詰まっている印象なんだけど、食べるとホロホロと軽く崩れていく感じ。それはふかしたサツマイモを口に入れた時の感蝕に近い。で、味の方も「全く手を加えてないのでは?」と思うほど、自然な優しい甘さ。
 見た目は上品なようかんなんだけど、食べるとふかし芋を口いっぱいに頬張っているような気分になってくる。
 この「芋ようかん」はオススメだね。甘いモノが苦手という人でも、これなら食べられると思うなぁ。



【DATA】
住所:東村山市青葉町2-28-5
電話:042-395-8555
営業時間:午前10時~午後8時
定休日:水曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
ロハス志向の方にオススメ!自然素材にこだわったオーガーニック野菜スイーツ
大人気!しっとり濃厚ベイクドチーズケーキ




関連記事
芋栗かぼちゃ系のスイーツ大好きなので、気になりますね(^^)
車で行けばすぐなので、行ってみようと思います。
[ 2011/10/16 08:31 ] [ 編集 ]
季節
そうそう。ここの芋ようかんは、イモそのもの
って感じでお勧めです。
[ 2011/10/16 23:34 ] [ 編集 ]
ふみふみさんへ
こんにちは。
ぜひ食べてみてください。たぶん気に入ると思いますよ。


[ 2011/10/23 12:10 ] [ 編集 ]
gunさん
こんにちは。
本当に「イモそのもの」という感じで、ビックリしました。
芋が好きな人にはたまらないと思います。

[ 2011/10/23 12:13 ] [ 編集 ]
閉店しちゃう?
今日、近くに行ったついでに立ち寄ったんですけど、近々閉店するらしいです。どら焼、全部売り切れだったので、思わず予約しちゃいました。
[ 2014/04/27 16:42 ] [ 編集 ]
食幸さんへ
こんにちは。
閉店のこと、知ってます。
すでに10日ほど前に行って取材して、あとは惜別記事を書くだけなんだけど、どうも切なくて、気が重くて、筆が進まないまま現在に至っています。
近々アップしますね。


[ 2014/04/27 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR