東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

メガ生姜焼き丼に負けないボリュームのラーメン

 秋津に自転車で向かう途中、所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の記事に、「オススメは酸辣湯麺(サンラータンメン)ですよ!」というコメントが寄せられていたことを思い出した私。「そうだ、この機会に食べてみよう」とお店に立ち寄った。

 メニューを見ると、あるある。「酸辣湯麺」(830円)……ん? 830円ということは「豚肉生姜焼丼」、別名「メガ生姜焼き丼」と同じ値段ではないか。あのボリュームは凄かったなぁ。何しろコレですよ。

メガ生姜焼き丼

 ドーン!という感じでしょ。値段が同じってことは、どうしても比較しちゃうよなぁ……と思いつつ、私は「酸辣湯麺」を注文した。

酸辣湯麺

 しばらくして運ばれて来たのが、こちら。おおっと、これもかなりのボリュームだねぇ。
 おっ、来た、来たッ! 立ち上る湯気とともに香りが鼻腔に入ったのだが、それは酢の香りだった。結構、酢が効いている感じだ。

ラー油がキレイだ

 で、表面には鮮やかな朱色のラー油がたっぷり。さてさて、どんな味なんだろう? まずはレンゲでスープをひと口……あれっ、意外なほどマイルドじゃないの。辛さはそれほどなく、酢も思っていたほど効いてない。いいバランスの味だ。「あとは卓上にある酢とラー油で自分好みに調整して」ということなのだろう。

麺のアップ

 麺は少し柔らかめの中太麺。いわゆるあんかけラーメンなんだけど、あんの部分が重たいんだよね。ネットリと麺に絡んで、持ち上げるのが大変。でもそれだけあんが絡んでいるから、旨いこと旨いこと。しかも具がたっぷりなんだよね。
 何とか食べ切ったけど、スープは少し残しちゃったなぁ。だってもうお腹に入らないんだもん。いやあ、このボリュームは侮れないねぇ。これはメガ生姜焼き丼に負けてないよ。
 これはたぶん大盛りが可能だから、ガッツリ君は大盛りを試してみては? 間違いなくお腹いっぱいになると思うよ。私はたぶん残しちゃうだろうなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」



関連記事
[ 2009/01/21 17:38 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR