東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

名店消ゆ

 2011年9月23日、ツイッターで私あてにこんなつぶやきが寄せられた。


商工会議所のWebサイトをみてたら、ときが閉店と書いてあったのですが、何か情報お持ちでしょうか?本当だとしたら目茶ショックなのですが…
http://www.shoukoukai.or.jp/guide/map01.html



 ここに出てくる「とき」が、東村山駅西口にある武蔵野うどんの名店「とき」であることはすぐにピンと来た。
 事情があって、ここしばらくお店を休んでいるのは知っていたけど、まさか閉店だなんて、信じられない……そんな思いを抱きつつ、リンク先をクリックすると……。

手打ちうどん屋さんマップ

 商工会の「手打ちうどん屋さんマップ」が出て来た。地図を見る限り、閉店情報はない。私はページを下の方へスクロールしてみた。

下にお店の表があるのだが…

 代表的な手打ちうどんの写真があり、その下に市内の手打ちうどん店のリストがある。そのリストの中に赤い文字が!

エッ、「とき」が閉店!?

 コレのことか……確かに「とき」の欄に「閉店しました」という赤い文字がある。
 私は急いで商工会の関係者に電話してみた。話を聞くと、お店の方から商工会に閉店のことを伝えて来たのだという。

ウソでしょ!? ウソだよね?

 話を聞いたあとも、私はずっとそう思っていた。
「とき」は東村山市はおろか、多摩地域を代表する武蔵野うどんの名店だ。まだまだこれからドンドン有名になって、武蔵野うどんの旨さを伝えていって欲しいのに……。


 私は9月26日、「本当は違うんじゃないか」という淡い期待を抱きつつ、「とき」へ行ってみた。

とき

 暖簾がかかってなく、待つ人もいない。ひっそりとしている。

張り紙はまだ「休み」となっている

 入り口の張り紙には「閉店」の文字はなく、「都合によりしばらくお休み致します」と書いてある。
 本当は閉店なのかもしれない。いや、たぶん間違いなく閉店なのだろう。でも、張り紙はずっとこのままであって欲しい。

「とき」の看板

「休みなら仕方ないや。また来るか」……しばらくそう思わせて欲しい。ちょっとすぐには「とき」の閉店を受け入れられないから……。



【DATA】
住所:東村山市野口町1-7-10
営業時間:午前11時30分~午後3時30分/午後5時30分~9時30分
定休日:日曜




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。



〔PR〕
楽天グルメ大賞受賞!豪華福福讃岐うどんセット
日本三大うどんの一つ、大澤屋の「水沢うどん」



関連記事
受け入れられません…
春からずーっとお店が閉まってて、心配でした。
夏過ぎに、もしかしたらこのまま「閉店」してしまうのでは…と家族ともども心配していたことが的中してしまうとは。
お店の前を通ってみたり、何か情報はないかとネットサーフィンしてみたり、
お酒は飲めないけれど、思い切って、居酒屋「とき」に行って聞いてしまうか…と思いつめるほど…
結局、9月末になって閉店の情報にあたり、さらにショック…。

私は蕎麦派なのですが、「とき」のうどんは別でした。
初めてうどんを心から美味しいと思えたお店でした。
そして、親父さんの人柄の良さに惚れていました。
それほど大好きなお店だっただけに非常に残念です。
マサさんと同じく、あの張り紙のままであってほしいです。
[ 2011/10/01 14:09 ] [ 編集 ]
驚きました。
気になっていました。閉店だなんて。
夏頃から2回ほど足を運んだのですが同様の張り紙で、
運が悪いな~なんて思っていたのですが。。。
残念です。
[ 2011/10/01 16:09 ] [ 編集 ]
本当なら残念です。
自宅にほど近いこともあり、「とき」には何度かお邪魔していたのでショックです。
関西人なので、蕎麦よりはうどん思考なので、武蔵野うどんの存在はありがたいものでした。
「とき」はまた、うどんに加えて天ぷらも美味しく、いつも楽しみにしていました。

ここ数カ月ずっと閉店中だったので、心配していたのですが、現実になってしまい辛いです。
あくまでも噂ですが、ご主人が体調を崩されたと聞きました。

もしそうなら、体調がかいぜんしたら、ゆっくりでも良いので復活してもらえたらなあ、
と思うんですが、こういうことを言うのも負担になってしまうんでしょうね。

取り留めもないことを書いてしまいました。本当に残念です、はあ。
[ 2011/10/01 16:22 ] [ 編集 ]
残念の一言に尽きます
大将の体調が芳しくないと聞いてたのでずっと気にしてました。
土曜日に大将のうどんを食べることを励みに平日仕事をしていたと言っても過言ではないので、どうも調子が出ない日が続いてたんですよね。
今日も店前に行ったところでした。

なんとも言葉になりません。
[ 2011/10/01 20:55 ] [ 編集 ]
残念
 私はここは武蔵野うどんの範疇には入れてません。
とき独自のうどんだと思っています。本当に市内では
唯一誇れるお店だっただけに残念です。せっかく駐車
場まで出来て、行きやすくなって喜んでいたのに。
 ということは飲み屋のときの方でも〆にうどんを
食べれることはないのですね。
[ 2011/10/01 21:37 ] [ 編集 ]
本当に「しばらくお休み」であってほしいです…
先日Twitterにて質問したものです(旧ブログでも何度か投稿させて頂きました)。
Twitterでもマサさんの今回の記事に対して何人もの方がつぶやきを返されてて、本当に多くの方が認める名店だったのだなぁと感じました。

暫く後にひょっこりあの張り紙外して再開しないかと思わずにいられません。タージのように不定期にでも復活があれば。
閉店の事情を知らずに復活だの再開だの言うのは、本当はいけないことなのでしょうが、そう願ってしまうだけのお店ですよね…
[ 2011/10/02 00:15 ] [ 編集 ]
村人さんへ
こんにちは。
「受け入れられない」という気持ち、よくわかります。
「とき」のうどんは私の中でも別格でした。
大将の人柄も最高だし……本当に残念でなりません

[ 2011/10/02 09:36 ] [ 編集 ]
菜っ葉組さんへ
こんにちは。
本当に「残念」の一語です。
「とき」という名店のこと、忘れないようにしたいと思います。

[ 2011/10/02 09:38 ] [ 編集 ]
関西人@東村山さんへ
私は広島出身なんで、「東京に旨いうどんがあるワケない」と思っていたのですが、武蔵野うどんを食べて認識が大きく変わりました。
その武蔵野うどんの中でも「とき」は図抜けて旨いと思いました。
閉店はいろいろな事情があっての決断だと思います。
お店に対する思い、願望はありますが、ゆっくりと気持ちを整理していきたいと思います。


[ 2011/10/02 09:43 ] [ 編集 ]
のぶばさんへ
私も情報を確認した時は、言葉にならない思いでいっぱいになりました。
本当に残念でなりません。

[ 2011/10/02 09:46 ] [ 編集 ]
gunさんへ
こんにちは。
これからますます名店になっていくお店だったと思います。
それだけに残念でなりません。

[ 2011/10/02 09:47 ] [ 編集 ]
lime_rhyme a.k.a. 鴨葱さんへ
こんにちは。
ツイッターでの情報、ありがとうございました。
改めて多くの人に愛されていたお店なんだなぁと思いました。
「再開」「復活」の言葉は大将をはじめとしたお店の関係者に負担になると思うので、封印しようと思っていますが、思いはlime_rhyme a.k.a. 鴨葱さんと同じです。


[ 2011/10/02 09:54 ] [ 編集 ]
ショックです……
「とき」のうどん、本当においしくて大好きでした。
残念でなりません…。
[ 2011/10/02 16:35 ] [ 編集 ]
まりちんさんへ
こんばんは。
一度食べたら忘れられない……そんな魅力が「とき」のうどんにはあったと思います。
今はただ、ただ、残念と思うばかりです。


[ 2011/10/02 22:46 ] [ 編集 ]
マサさんのブログを見て「とき」の存在を知り、この夏2度程尋ねて「ああ又お休みか・・・次こそは!」と思っていたのに!!!
一度も食べる事が出来ずに残念です・・・せっかく東村山の饂飩店を回り始めたところだったのに、閉店だったとは。
いつか、いつか再開して欲しいです・・・。
[ 2011/10/03 13:31 ] [ 編集 ]
どんこい祭
おそらく、どんこい祭のことで連絡をとった際に言われたのではないかと推測しています。
ここの武骨でコシの強いうどんは好きでした。
個人的には東村山で一番おいしいと思っていただけに残念です。
[ 2011/10/03 20:40 ] [ 編集 ]
同感
皆さんのご意見に、全くもって同感です。
東村山に生まれ育った私にも、「とき」は唯一無比の存在でした。
うどんを足で踏まずに、手でこねるだけで、あれだけのコシが出せる人は、他にはいないと思います。NHK教育テレビで、高田延彦に「そのうどんのこね方はロックじゃない!」とおっしゃっていたロッカーのご主人のご回復をお祈りいたします。
[ 2011/10/04 01:06 ] [ 編集 ]
でこrinさんへ
こんにちは。
東村山のうどんを食べ歩くのであれば、ぜひ「とき」のうどんは食べて欲しかったですね。残念です。
市内のうどん店は徐々に減っているから、若い人に武蔵野うどんにチャレンジして欲しいものです。

[ 2011/10/04 06:51 ] [ 編集 ]
くろんだいくさんへ
こんにちは。

>おそらく、どんこい祭のことで連絡をとった際に言われたのではないかと推測しています。

ああ、なるほど。そうかもしれませんね。
美味しいうどんだと私も思います。でも「武蔵野うどんを食べたい」という人がいたら、絶対に最初に連れて行ったりはしませんでした。
ほかのお店に連れて行き、一般的な武蔵野うどんを食べさせてから、「極めたらこうなるんだよ」と言って「とき」に連れていきました。
こういう“自慢のお店”がなくなることは本当に悲しいです。

[ 2011/10/04 06:56 ] [ 編集 ]
チキンさんへ
こんにちは。
高田延彦にうどんを教える番組、ありましたね。
大将の個性全開で楽しかったです。
お店の復活はともかくとして、大将には早く元気になって欲しいです。

[ 2011/10/04 07:00 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してます
ご無沙汰してます!

ちょっと驚きでした。
数あるうどん店の中でもここのうどんは一番のお気に入り。
仲間内でマージャンする前に食べれば、コシの強さと量で、一晩何も食べずに空かせる位持ちのいいうどん。もう食べれないのか、と思うととても悲しいッス。
[ 2011/10/09 22:05 ] [ 編集 ]
【O】塚さんへ
こんにちは。
お久しぶりです。ブログが更新されていないし、ちょっと心配していました。

確かに腹持ちのいいうどんでしたね。「バカ王」を食べたその日は、その後全くご飯を食べる気になりませんでしたから。
残念です。

[ 2011/10/10 06:35 ] [ 編集 ]
年明け、亡くなられたそうです。
[ 2012/01/24 13:32 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。
昨日たまたま「とき」の前を通ったのですが、改めて「閉店のお知らせ」が張られていました。

年明けに張ったみたいです。。。

数える程しか行っていませんが、一番のお気に入りのお店でしたので残念です。。。
[ 2012/01/24 18:06 ] [ 編集 ]
NO NAMEさんへ
こんにちは。
大将は1月5日に亡くなられました。
本当に悲しく、残念でなりません。


[ 2012/01/25 13:43 ] [ 編集 ]
たま23さんへ
こんにちは。
おそらく大将が年明けに亡くなられたからだと思います。
心からご冥福をお祈りしたいと思います。

[ 2012/01/25 13:50 ] [ 編集 ]
えー
そんなにお歳ではなかったですよねー。
本当に市内で唯一誇れるうどんだったのに。
本場の讃岐うどんにも互角に渡り合える
うどんだったのにー。心から残念に思いま
す。
[ 2012/01/25 22:32 ] [ 編集 ]
gunさんへ
こんにちは。
本当に残念でなりません。

[ 2012/01/26 06:29 ] [ 編集 ]
なんと‼ 閉店の理由に愕然…。
昨年から長く休業だった表示が閉店となり心配していました。こちらのブログ記事で大将が逝去された事を知り、驚いてます。ホントに本当に残念でなりません…。

何年も前にも長く休業していた事があったので、今回も再開を願っていたのですが…。あの、肉汁うどん、カレーうどんは忘れることはできません。ほんとに、他店とは別物でした。

大将ありがとう。
心よりご冥福をお祈りいたします。

でも、信じたくないですね…。
[ 2012/05/06 14:18 ] [ 編集 ]
Comy Comoさんへ
こんにちは。
本当に残念です。
肉汁うどんとカレーうどんは一度食べたら忘れられませんよね。
叶わないとわかっていても、もう一度食べたいと思ってしまいます。

[ 2012/05/07 05:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR