東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

黒焼そば食べ歩きエントリーNO.7

【これまでの食べ歩きリスト】
2009年04月02日「ほや」
2009年04月03日「いなげや市役所前店」
2009年04月04日「幸多加(こたか)」
2009年04月05日「どんどん」
2009年04月08日「CLOUD(クラウド)」
2009年04月09日「小料理となり」



 所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の前を通りかかったら……。

このお店にも幟が出ていた

 おっ、このお店にも例の幟が立っているではないか。でも、黒焼そばも気になるけど、その横に立っている「カレーラーメン」も気になるなぁ……いかん、いかん。今回は黒焼そばを食べなきゃね。
 お店に入ってメニューを見ると……。

特別メニュー扱いだ

 おおっ、いかにも「特別メニュー」という感じで、別紙に書かれている。私は「黒焼そば」(680円)を注文した。

これが「黒焼そば」

 しばらくして運ばれて来たのが、コレ。いやあ、オーソドックスな調理だねぇ。普通に焼そばをつくるパターンで、ソースだけ「東村山 黒焼そばソース」を使ったという感じだ。
 でも、これねぇ、凄いんですよ。何が凄いって……。

ボリュームが凄い!

このボリュームですよ!!!

 普通の焼そば麺が2玉ぐらい入ってるんじゃないの? というくらい盛り上がっている。もともとお皿が平たいモノじゃないからわかりにくいかもしれないけど、これは平皿に盛ったら相当な高さだよ。

 麺の量も凄いけど、具材も多い。豚肉もたっぷり入っているし、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ニラ、キャベツなどなど野菜もたっぷり。「あれ、ニラが焦げてるよ」と思いつつ食べたらキクラゲだった(笑)。普通のソース焼そばだったら、すぐにキクラゲとわかるハズだけど、黒いソースだから野菜の焦げたモノにしか見えなかったよ。

 味の方も侮れない。旨いんですよ。具材が多いせいもあるけど、麺が妙に旨いんだ。まるで五目焼そばのように表面をカリッと焦がしている部分があり、そこがソースを吸ってフニャッとした、普通の麺とは違う食感がして旨いんですよ。

 見た目の工夫こそないけど、これは旨かったなぁ。ガッツリ君は大盛りを頼むと、間違いなく満足すると思うよ。






【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜3時
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




関連記事
[ 2009/04/11 18:17 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告