東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

辛旨のつけめん

 私が大好きな地元ブログ「人間のクズ!」で、この記事を読んで以来、ずーっと気になっていた久米川駅南口のラーメン店「麺屋 清琉」の辛い「濃厚つけ麺」。何でも、プラス100円で辛くできるのだそうな。

「行かなきゃ」と思いつつ、なかなか行けなかったのだが、先日ようやくお店に行き、食べることができた。
「濃厚つけ麺」(750円)に「特製辛味」(100円)というトッピングを付ければ、ぽ子さんが食べた辛い「濃厚つけ麺」になる。麺の量は並(200グラム)も中盛(300グラム)も大盛(400グラム)も同じ値段。「それならば」と私は大盛を注文。
 しばらくして、ようやく出てきたた辛い「濃厚つけ麺」。早速、写真を撮ろうと思い、デジカメを取り出そうとしたら……。

デジカメ (゚д゚lll) 忘れてきたよ!!

 マジっすか? やっとお店に来て、念願の辛い「濃厚つけ麺」を頼んだというのに、写真が撮れないなんて……。しばし呆然としちゃったけど、忘れてしまったモノは仕方がない。財布を忘れるよりはいいか、と思い直して食べると、これが旨いんだ。
「これは写真を付けて紹介しなきゃ」と思った私は、後日改めてお店に行った。


 頼んだのはもちろん「濃厚つけ麺」に「特製辛味」をトッピングした辛い「濃厚つけ麺」だけど、実は前回の反省から少し変えてみた。
 確かに旨いんだけど、冷水で〆た麺だと、せっかくの旨いつけ汁がすぐに冷めてしまうので、あつもりに変更。また量も、大盛だと少し胃がもたれてしまったので、今回は中盛に変えてみた。

特製辛味を加えた「濃厚つけめん」の中盛のあつもり

 これが「濃厚つけ麺」に「特製辛味」をトッピングした辛い「濃厚つけ麺」の中盛&あつもり。

あつもりだから湯気が立っている

 あつもりだから麺からは湯気が出ている。それにしても中盛でもボリュームがあるなぁ。

特製辛味を加えたつけ汁

 つけ汁は辛そうな赤いラー油が浮いていて、一瞬、「やっちまったか」と思ったけど、ひと口飲んでみると、ぽ子さんが書いているように、穏やかな辛さだ。後からジワッと来るタイプで、最初からガツンではない。

麺のアップ

 極太の麺をつけ汁に浸してから、いただきま~す……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 おおっ、これはいいね。麺が太い分、口に入れた時、辛さは低くなるんだけど、その分、「旨い!」とシミジミ思える。さらに言えば、あつもりとベストマッチ。熱い方が辛さが増す感じがするけど、その増し加減がちょうどいいという感じ。

最後はスープ割り

 麺を食べ終えたら、卓上にあるポットからスープを入れて、スープ割り。辛さがマイルドになり、これも旨い。スープを全部飲んだらお腹パンパン、体はポッカポカ。いやあ、満足。寒いこの時期には特にオススメだね。ぜひ、あつもりで食べてみて。



【DATA】
住所:東村山市栄町2-5-8
電話番号:042-393-3755
営業時間:午前11時30分~午後2時30分、午後5時~10時(スープがなくなり次第、終了)
定休日:木曜
店内禁煙




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR