東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

赤焼そばが食べられるお店を発見!

 たまたま自転車で所沢街道沿いにある中華料理店「ぼん天」の前をサーッと通り過ぎた時のこと。

エエッ!!

と思って、私は「ぼん天」の前に引き返した。すると……。

赤焼そばの幟を発見

赤焼そば (゚д゚lll) だって!!

 確か「どんこい祭」での赤黒対決を前にしての「赤焼そばプレデビュー」企画として、10月12日に「ぼん天」で限定30食、「赤焼そば」を出したという話はあったと思うが、この幟はその名残なのだろうか? それとも「赤焼そば」をメニューとして出しているのだろうか?
 気になった私は、ちょうどお昼時だったということもあり、「ぼん天」に入ってみることにした。

 メニューを見ると……おおっ、あったよ! 「炎の赤焼そば」(680円)。驚いたことに「黒焼そば」(680円)もある。すごいなぁ。このお店だけで、赤黒焼そばの食べ比べができちゃうよ。

 実は私、「どんこい祭」で赤焼そばを食べられなかったんですよね。「ソースを買って自分で作って食べるしかないか……」と思っていたところだったので、お店で食べられるなんてすごくありがたい。私はすぐに「炎の赤焼そば」を注文した。

炎の赤焼そば

 これが「炎の赤焼そば」。一見すると、焼そば麺を使ったナポリタンって感じ。

旨そうな色だよね

 でも顔を近づけると、ナポリタンとは明らかに違う、スパイシーな香りがする。それにしてもこの色、旨そうだよね。

 では、いただきま~す……ほぉ、思っていたほど辛くはないが、ピリッとした刺激がいい感じ。旨さという点では「黒焼そば」の方に軍配は上がるけど、これはこれで旨いと思う。辛さが足りない人は、ラー油を垂らすといいかもね。
 それにしてもこのお店、盛りがいいよね。食べ終えると本当に満腹になってしまった。

 せっかく黒と赤の焼そばがあるんだから、両方を少しずつ食べられるハーフ&ハーフとか出してくれるといいのにね。それから、このお店がもともと出している焼そばと合わせて、3種類の焼そばを1皿で食べられるようにして「焼そば三昧」なんてメニューをつくったら面白いと思うんだけど……調理が面倒だから無理かな? 
 まあ、そんなことをお店に望むより、3人くらいでお店に行って、いろんな焼そばを注文して、シェアすればいいんだよね。私、焼そばはもともと好きだから、一度そういう“焼そばオフ”をやってみたいなぁ。



【DATA】
住所:東村山市久米川町1-37-30
電話:042-393-7074
営業時間:午前11時~深夜0時
駐車場あり





★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
生協の宅配パルシステム
伊藤園の健康食品「健康体」




関連記事
[ 2009/11/20 19:10 ] 【中華料理】 ぼん天(久米川町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR