東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

満腹&満足のラーメンセット

 朝食を食べなかったせいか、ランチタイムにガッツリ食べたい気分になった私。「さて、どこで食べようかなぁ」と考えつつ、野火止通りを歩いていたら、おあつらえ向きのお店を発見。久米川駅北口の中華料理店「揚子江」だ。
 このお店の料理はボリュームがあるからねぇ。まさに気分にピッタリと言えるかも。

 お店に入ると、私は「ラーメン半マーボライス」(880円)を注文した。
 待っている間、壁のメニューを何気なく見ていると……。

メニューにこんな文字が

 エッ、昭和20年のスープなの? そんなに昔からやっているワケ? 66年前だよ。それはちょっとあり得ないでしょ。
 あとでご主人に聞いたら、「まだ『ラーメン』じゃなくて『支那そば』と呼ばれていた昭和20年代のスープを再現しているってことなんだよ」とのこと。
 ああ、なるほどね。懐かしい味のスープなんだよってことね。

 まあ、そんなことはさておき……。

ラーメン半マーボライス

 これが「ラーメン半マーボライス」。私は「半マーボライス」と言うから、少し大きめのお碗に麻婆豆腐が乗った、ミニ麻婆丼が出てくるものと思っていたのだが、これじゃあ普通に麻婆豆腐ライスじゃん。
 運んでくれた奥さんに「これって、普通の麻婆豆腐の量じゃないんですか?」と話すと、「いや、コレで半分なの」とニッコリ。
 改めてメニューを見ると、「マーボ豆腐ライス」は810円となっている。「ラーメン」が470円だから、確かに「ラーメン半マーボライス」の880円という料金を考えると、「マーボ豆腐ライス」が金額的には半分ということがわかる。でも、この量が半分って、一体「マーボ豆腐ライス」の麻婆豆腐のボリュームって、どんだけなの?

ラーメン

 ラーメンはいいビジュアルだよね。スープは確かに懐かしい味。私が昔食べた中華そばは、もう少し醤油が効いていて、色も濃かったけど、これは醤油が少し抑えられている分、優しい味わいでシミジミ旨いって感じ。

麻婆豆腐

 ラーメンもいいけど、この麻婆豆腐が旨いんだよね。いや、このお店の場合、「麻婆豆腐」と思ってはいけない。そう思って食べると、今まで食べてきた「麻婆豆腐」のイメージとのギャップにガッカリする可能性もある。
 これは生姜の効いた豆腐の旨煮なんだよね。そう思って食べると……。

旨いじゃ (゚д゚lll) ないッスカ!!

 もうご飯のおかずにバッチリ。お酒のツマミにもいいんじゃないかな。これは旨いですよ。
 だけど、この量でハーフとはねぇ……恐るべし「揚子江」。食べ終えたら、当然のごとく満腹。どっちも旨かったから満足度も高いし、いやあ、このラーメンセットはいいねぇ。
 ご主人、ごちそうさまでした。



【DATA】
住所:東村山市萩山町5-2-5
電話:042-394-3525




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。
関連記事
[ 2011/01/20 04:13 ] 【中華料理】 揚子江(萩山町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す54歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR