東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

贅沢感のあるランチ

 久米川駅北口から割と離れた場所にあるにもかかわらず、連日人気の和食ダイニング「食彩酒房 たきび」。先日、お昼時にたまたまお店の前を通ったのだが、ランチメニューを見て私は「あれ?」とちょっと思った。

ランチメニュー

 これがそのランチメニューなのだが、私が何を不思議に思ったかと言うと、メニューの並び方だ。「ロースカツ定食」(1050円)が一番右端に来ているのだ。
 大体、ランチメニューの一番右端には「料金的に一番安いメニュー」か「一番オススメのメニュー」が来る。まあ、これはランチに限らないけどね。で、改めて写真のランチメニューを見ると、「ロースカツ定食」は「料金的に一番安いメニュー」ではない。となると、「一番オススメのメニュー」となるワケだ。それが私には不思議に感じられたのである。

 なぜとんかつがオススメなのか?

 これは食べなきゃわからないだろうなと思った私。入るつもりはサラサラなかったのだが、ついお店に入ってしまった。頼んだのはもちろん「ロースカツ定食」。
 店内は相変わらず繁盛していて、お客さんでいっぱい。「こりゃ待つな」と思ったが、板さんの手際がいいのか割と早く運ばれてきた。

ロースカツ定食

 スゴいねぇ。ご飯に味噌汁、中央にメインのロースカツがドーン、右側に小鉢のきんぴらごぼう、左に茶碗蒸し、そして手前にはロースカツ用のソースと香の物。見た目が何とも贅沢だよね。特に茶碗蒸し。これは私だけかもしれないけど、茶碗蒸しが付くとスゴく自分の中ではゴージャス感がアップするんですよね。東村山駅東口にある日本料理店「葉月」のランチも茶碗蒸しが付いているから、個人的にスゴく気に入っている。

ロースカツのアップ

 ロースカツはキレイなキツネ色で、コロモはやや厚め。食べると、「サクッ」でも「カリッ」でもない「ザクッ」という歯応え。大きく粗いパン粉のためだが、固いと感じるほどではない。少しコロモが厚いので、何も付けずに食べるとしつこさがあるが、添えられているソースを付けるとしつこさが消えて、旨い。お皿にはカラシではなく粒マスタードが添えてあり、これを付けると独特の辛さと酸味が一緒になり、ソースだけより違った味わいになって旨い。肉そのものも臭みがなく普通に旨い。この値段でこれだけの大きさと味のとんかつが食べられるなら、とてもリーズナブルなのではないだろうか。
 付け合せのマカロニサラダも美味しいし、野菜サラダはキャベツの千切りだけではなく、ニンジンやキュウリ、タマネギが入っていてヘルシー。ゴマのドレッシングも旨かった。

茶碗蒸し

 小鉢のきんぴらと香の物を食べたあと、最後に茶碗蒸し。まあランチ用だから具材には期待してないけど、エビが入っていたのはちょっとうれしかったな。銀杏が入っているともっとうれしいんだけど、ランチだから仕方ないか。

食後のコーヒー

 食べ終えると、小さなコーヒーが出てくる。ランチで1000円を超えると高い気がするが、これだけのモノが出て、贅沢感が味わえるならいいんじゃないかな。特に「ロースカツ定食」は肉だけでなく、野菜もたっぷり摂取できるからいいかも。ランチメニューの一番右端にあるワケだ。


【DATA】
住所:東村山市本町4-12-86
電話:042-390-0141
営業時間:平日午前11時半~午後2時
       午後5時~10時半
定休日:木曜
駐車場あり




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
わけあり商品などお買い得商品満載
買物が大変なママにおすすめ。大地を守る会のお試し野菜セット980円から



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR