東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

東村山唯一の駅の立ち食いそば屋

 先日、会社からの帰りに焼き鳥屋の「福徳」に立ち寄った時のこと。この不景気で久米川駅周辺のお店が立て続けに閉店しているという話から、1月末で閉店してしまった駅前のパン屋「パピエ久米川店」の後にどんなお店が入るかという話題になった。その時、「福徳」のお母さんはこう言った。
「私なら立ち食いのおそば屋さんにするわ。だってこの辺にはないでしょ。きっと入るわよ」
 そう言えば、久米川駅周辺に立ち食いそば屋というのはないなぁ……そう思いながら、ふと、ある疑問が浮かんだ。東村山市には9つの駅があるのだが、駅の立ち食いそば屋ってあったっけ?
 調べてみると、新秋津駅と八坂駅には近くに立ち食いそば屋があったが、駅の中にあるのは東村山駅だけだった。それが今回紹介する「狭山そば東村山店」だ。場所は東村山駅の改札口横。



 この「狭山そば」、以前は秋津駅南口にもあったらしいのだが、駅の改装に伴って閉店したようだ。東村山店は改札を通った人も、そうでない人も食べられるよう、店内に仕切りがある構造になっている。
 券売機でチケットを買うシステムになっていて、私は立ち食いそばの定番である「天ぷらそば」(370円)を選んだ。カウンターにチケットを置くと、ものの20秒もかからないうちに「はい、お待ちどうさま」と「天ぷらそば」が出てきた。



 つゆは黒いがそれほど濃い色ではない。味は……まあ立ち食いそばなんだから、こんなものでしょう。麺は柔らかくて食べやすい。天ぷらをつゆに浸して崩しながら食べると、つゆがいい味わいになってくる。食べ終えるのに5分とかからなかった。サッと食べて、小腹を満たしてサッと出る……それが立ち食いそばなんだから、この味で問題ないと思う。
 ただ、立ち食いそば好きの人が主催する「立ち食いそば紀行」というサイトによると、この「狭山そば東村山店」は下から2番目の評価となっている。決してマズいとは思わないけど、上には上がいるということなのだろう。東村山で唯一の駅の立ち食いそば屋が、そんな評価だというのはちょっと悔しい。もう少し味に関して、向上を心がけて欲しいな。

 でも、このお店、実は立ち食いそば以外で人気だったりする。今川焼きとたい焼きを作っているのだが(それぞれ1個100円)、これを買い求めにわざわざ駅に来る人もいるくらい人気だ。私が食べている時も、「たい焼き10個ちょうだい」と主婦の方が買いに来ていた。甘味の方がそこそこ人気なんだから、もう少し本業のそばを頑張ってもっと愛される立ち食いそば屋になって欲しいモノだ。




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR