東村山グルメ日記2

志村けんさんでおなじみの東京都東村山市に限定したグルメ情報サイト

夏バテ防止にピッタリのうどん

 あぢぃ~。まだ6月だというのに真夏のような暑さ。こういう時はサッパリしたモノをとつい考えてしまうが、こういう時こそちょっとコッテリした栄養価の高いモノを食べないとバテてしまう。さて、それでは何を食べようか……考えていると、あることを思い出した。
「そう言えば以前、何かのコメントで『小松庵』のもつ煮込みうどんが美味しいと書き込んであったなぁ。よし、今日はソレだな」
 というワケで、私は「小松庵」へ向かった。場所は府中街道と新青梅街道が交わる野口橋交差点の近くで、その交差点から府中街道を東村山方面に80メートルほど歩いた右側のマンションの1階にある。

「小松庵」

 店内は意外と奥行きがあって広い。早速、メニューからもつ煮込みうどんを探すが見当たらない。「あれっ?」と思ってもう一度見直すと「もつ煮うどん」(850円)というモノが見つかった。おそらくこれだろう。私は「もつ煮うどん」を注文した。
 しばらくして出て来たのがコレ。

もつ煮うどん

 想像以上にもつがいっぱい入っている。まあ、まずはつゆをひと口。もつ煮の甘辛い味がするけど、ちゃんとうどんのつゆになっている。「これは絶対、アレを入れなきゃ」と私は七味を手に取りちょっと多めにシャカシャカと振って入れてみた。ひと混ぜして、もう一度つゆをひと口。旨い!
 続いてもつを食べてみる。うん、うん、臭みは全くなく、柔らかい。そして味がよく染み込んでいる。うどんは普通だが、全体の味のバランスはいい。一緒に出て来た紅生姜がまたいいんだ。これを時々食べると、口の中がサッパリして瞬間的にリセットされる。だから「ちょっとしつこいなぁ」と感じた時に、紅生姜を食べると、またモリモリともつ煮うどんを食べることができる。
 小さな器にご飯が入っていて、私はもつ煮うどんを食べながら一緒に食べたのだが、後から「しまった!」と思った。もつとうどんを食べ終えたあとにつゆが少し残るのだが、これに入れて食べればきっと美味しかったに違いないのだ。あまりの暑さのためにそこまで頭が回らなかったのだが、これはちょっと後悔。
 それにしても暑い時に熱いモノを食べるってのはいいねぇ。汗が噴き出して仕方がないけど、何だか元気が出てきた。「ちょっとスタミナを付けなきゃ」という時に、この「もつ煮うどん」はいいかもよ。


【DATA】
住所:東村山市本町1-4-5
電話:042-395-6836



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



関連記事
[ 2005/06/27 18:47 ] 【閉店したお店】 小松庵(栄町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR
広告