東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

うどん復活!しかもニュータイプ!

 昨日は風が強かったものの、天気が良かったので、西武園駅方面へ散歩してみた。
 畑が広がり、野菜の直売所があちこちにある。のどかな風景は目に心地よいのだが、ふと疑問というか、「おや?」と思うことが頭に浮かんできた。

「どうして公園や広場がないんだろう?」

 ちょっと歩けば北山公園があるのは知っているが、あそこは散策するにはいいけど、子供が例えばボール遊びなどをするのには向いてないような気がする。菖蒲園もあるしね。
 畑があって一見、いっぱい遊ぶところがあるような気がするが、実は公園や広場がなく、道路で遊ぶ子供たちを結構見かけた。
 でもそう言えば、田舎って公園がないよね。私の田舎も田んぼだらけで、公園なんてなかった気がする。だけど遊び場はいっぱいあった。お寺の境内や川や山……。東村山の野口町、諏訪町、多摩湖町は田舎っぽい雰囲気は残っているが、まるっきりの田舎ではないんだから、もう少し遊び場があるといいなぁと思う。

 まぁ、そんなことを考えながら歩いていると、当然ながらお腹が空いてくるワケで……「そうだ、今日は美味しいそばを食べよう」ってことで、私は西武園駅近く(と言っても500メートルほど歩くのだが)にある「ごろう」に向かった。このお店は確か季節の野菜を使った天ぷらを出してくれるから、天ぷらとせいろそばを食べようと考えながら私はお店に入った。
 メニューを見てビックリ。去年食べた「ごろうご膳」や「山菜天せいろ」はなく、メニューのラインナップそのものが少ない。玉子焼きなどのツマミ系に至っては全くなくなっている。
 さらにジックリ見て私は驚いた。料理のラインナップは次の通りだ。

セイロそば・うどん 650円
辛味大根そば・うどん 900円
天セイロそば・うどん 1500円
釜揚げうどん 900円
カレーうどん 900円
みそ煮込みうどん 950円
天ぷらうどん 1500円


 料理はわずか7種類。で、よ~く見て何か気づきませんか? そう、そばのメニューが大幅に減り、うどんが復活しているんです。
 私が聞いた話では、このお店はうどんのお店だったのだが、店主が代がわりしてからそば専門店になり、うどんを出さなくなった。去年、私が来た時は確かにメニューはそばのみだった。それが今、うどんが完全復活している。
 なぜだろう?……そう思いながら厨房を見ると、女性が忙しそうに動いている。
「あれ? 確か店主は男性だったような……」
 疑問が次から次へと浮かんでくるが、「何にいたしましょうか?」とお姉さんが注文を待っているので、私はまたしてもメニューに目を落とし、「せっかくうどんが復活しているのなら」と「辛味大根うどん」を頼んだ。本当は天ぷらも食べたかったのだが、去年とは変わっているようなので、ちょっと怖くて頼めなかったのだ。
 10分ほど待っただろうか、「お待ちどうさまです」と「辛味大根うどん」が運ばれてきた。

辛味大根うどん

 エエッ! 見た瞬間、私は驚いた。だってコレですよ!

うどんのアップ

 写真じゃわかりにくいかもしれないけど、うどんがメチャメチャ細いんですよ。細いうどんと言えば、稲庭うどんが有名だけど、あれよりもっと細い。ラーメンの中太麺くらいと言えばわかるだろうか。いやあ、コレ、うどんとして頼んだから「うどん」と思って見ているワケだけど、何も言われずにコレを出されたら、きっと私はラーメンだと思うだろう。
 驚いてばかりもいられないので、私はまずうどんを1本、口に入れてみた。チュルルンと吸い込まれる食感は、やはりラーメンに似ている。でも歯応えは盛岡冷麺に近いかも。細いから強烈なコシというモノはないが、弾力はかなりある。
 だけどこれは武蔵野うどんとも讃岐うどんとも全く違うニュータイプだ。
 今度は辛味大根をかき混ぜて、麺に絡めて食べてみた。

この細さ!でも旨いんですよ

 いい感じにうどんが染まって美味しそう。ズズッと食べると、爽やかな辛味とプリプリとした麺の食感が口に広がる。旨いじゃないの。ただ、この辛味大根、それほど辛くないので、別皿で添えられている辛味大根とネギを追加投入。再び混ぜ混ぜして、ズズズッ。
 旨いじゃないっスか! でも、この麺、本当にうどんなんだろうか? 美味しいんだけど、いわゆるうどんとしての味わいは薄い。だけど旨い。うまく説明できなくて申し訳ないです。これは本当に食べてみないとわからないと思う。

 会計の際、「いつからうどんを始めたんですか?」と聞くと、「今年の1月からです」と店員さん。本当は厨房の女性に話を聞きたかったのだが、忙しそうだったので私は会計を済ませるとすぐにお店を出た。
 営業時間もお昼だけで、夜はやっていないようだ。きっと男性店主に何かあったのだろう。
 しかし事情はどうあれ、このうどんは旨かった。近いうちに今度は「カレーうどん」か「みそ煮込みうどん」を食べてみようと思う。


【DATA】
住所:東村山市多摩湖町1-29-1
電話:042-393-7241
営業時間:午前11時半~午後3時




★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック



関連記事
[ 2006/03/19 18:21 ] 【そば】 ごろう(多摩湖町) | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR