東村山グルメ日記2

志村けんでおなじみの東京都東村山市に限定した超ピンポイントのグルメ情報サイト

じんわりと体に温かさが染みるあんかけそば

「暖冬で温かいから、そろそろコートなしでもいいかな」と思っていると、急に冷たい風が吹き付ける日が続いたりして……結局のところ、人間なんて万物の頂点を気取っているけど、自然にいいように扱われているんだよね。こういう時は、お天道様を恨んだところで仕方がない。寒い時には体が温まりそうなモノを食べる……こういう自然体でいないとね。

 なんてことを考えつつ歩いていると、運良く体が温まりそうなモノを発見。東村山郵便局の裏手にある建物に入っている「そば季彩 はや川」の入り口近くに、こんなメニューが出ていたのだ。

表に出ていたメニュー

「生ゆばあんかけそば」(1280円)だって。あんかけだから、これはじんわりと体を温めてくれるんじゃないかなぁ……ということで早速、お店の中へ。
 お店は西武新宿線の線路から近いところにあるのだが、店内に入るとそんな喧騒を忘れさせてくれるほど、落ち着いた雰囲気に包まれ、ゆったりとした気分になれる。そこに運ばれてくるお茶は、香りのいいそば茶。外が寒かっただけに、そば茶の温かさと香りが「染みるぅ~」って感じ。
 基本的に私は安くて美味しければ、多少お店が汚くてもOKなんだけど、こういうお店に入ると、「やっぱり雰囲気って大切なんだなぁ」と思う。

「生ゆばあんかけそば」を頼んでから、待つことしばし。

生ゆばあんかけそば

 これが「生ゆばあんかけそば」。上に乗っている三つ葉とワサビの代わりにグリーンピースを乗せて「天津飯です」と言ったら、だまされる人がいるかもね(笑)。

生ゆばあんかけそばのアップ

 アップで見ると、とっても旨そう。生ゆばがいい感じじゃないですか。

そばのアップ

 一応、撮影用にと箸を突き入れ、そばをグイッと引き上げると、一緒に湯気がモワ~ッと立ち上る。中は相当熱そうだ。
 注意深く、まずはレンゲでつゆをひと口。やや甘めかな。でも、しつこい甘さじゃないから、そばと一緒に食べると、ちょうどいい味になる。生ゆばは、ふわふわ&とろ~りで旨い。ワサビを少し塗って食べると、さらに旨さが引き立つ。
 そばは細くて柔らかいのだが、最後まで決してブチブチと切れることはなかった。熱いからゆっくり食べたのだが、そのせいか、じんわりと体がホクホクしてきた。
 ちょいとお値段は高めに感じるが、生ゆばがたっぷり入っていたし、あんかけのつゆを全部飲んだせいか、意外とお腹もいっぱいなったし、何よりも体が温まったから、寒さを感じる時にはいいんじゃないかなぁ。


【DATA】
住所:東村山市本町2-1-14
電話:042-398-1418
営業時間:午前11時半~午後2時半
      午後5時半~8時半
定休日:火曜と第3水曜



★お店や料理に関する記述は、訪問時における管理人・マサ本人の主観によるものであり、誰が行っても同じ印象を抱くとは限りません。




〔PR〕
熟練した職人が丹精こめて打ち上げる「雪村そば」
食塩無添加!厳選素材の本格だしパック




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
料理ジャンル別検索
広告
リンク
広告
アクセス数
プロフィール

マサ@東村山

Author:マサ@東村山
マサ@東村山

2000年 結婚を機に東村山市に移り住む。

2004年11月 地元で食べ歩く楽しさに目覚め、ブログ「東村山グルメ日記」を書き始める。

2007年 転職を機にもう1つのブログ「好きになろうよ!東村山」を書き始める。

2010年11月 「東村山グルメ日記」のアクセス数が400万を超える。

2011年7月 さらなるバージョンアップを目指してブログを移転。

趣味は地元の食べ歩きと映画鑑賞。家族はカミさんと1男1女。アル・パチーノのようなカッコいい中年を目指す57歳。

広告(日本酒・焼酎)
広告(ダイエット・健康)
広告(ビール・洋酒)
QRコード
QR